スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 文化・スポーツ局文化振興課 >  講演会&パネルディスカッション「世界遺産と地域おこし」

北海道の分類: 教育・文化  > 文化・芸術・スポーツ > 文化財

最終更新日:2017年10月27日(金)


講演会&パネルディスカッション「世界遺産と地域おこし」


 

11月11日開催/講演会・パネルディスカッション
「世界遺産と地域おこし」

 札幌国際大学において、「世界遺産と地域おこし」と題して、講演会とパネルディスカッションを開催します。
 縄文文化に関わる道内各地の活動事例の紹介と、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録に向けた活動や支援、登録後の取組などについて、観光・考古学・地域おこしの視点から考察します。

 皆様のご来場をお待ちしております。

 

国際大講演チラシ 

◆チラシはこちらから◆

 

 日時平成29年11月11日(土) 13:30~15:30 

 場所札幌国際大学 6号館1階 611教室 (札幌市清田区清田4条1丁目4-1)

 内容

  基調講演
   
 「縄文遺跡を活用したまちづくりと世界遺産」

      講 師:青野 友哉 氏 (伊達市教育委員会、伊達市噴火湾文化研究所)

  パネルディスカッション

    「縄文遺跡と私たちの活動 そして世界遺産の持つ魅力とは」

       パネラー:洞口 雅章 氏 (伊達市/噴火湾考古学研究会) 

               樋口 五月 氏 (函館市/一般財団法人道南歴史文化振興財団)

               加藤 和子 氏 (石狩市/いしかり砂丘の風の会)

       コーディネーター:横川 大輔 氏 (札幌国際大学縄文世界遺産研究室研究員)

 【参加について】

  ・ 参加無料
   ・ 事前申込制
(定員100名、当日参加も可)

  【お問合せ・申込先】 札幌国際大学縄文世界遺産研究室
     
  TEL:011-881-2433 FAX:011-881-2434
     E-mail:j-sekaiisan◆ad.siu.ac.jp(◆を@に変えてご送付ください)

→ 縄文世界遺産推進室トップページにもどる