スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 文化・スポーツ局文化振興課 >  北の縄文 - じょうもんキッズ_縄文時代ってどんな時代


最終更新日:2012年7月13日(金)


北の縄文 - じょうもんキッズ_縄文時代ってどんな時代


じょうもんキッズ
ホームページへもどる
縄文時代ってどんな時代?
大昔のことがなぜわかるの?
縄文人の家
縄文人の道具
縄文人の食べ物
縄文人のおしゃれ
縄文人の心
Copyright(C)2003 Hokkaido Government. All Right Reserved.
縄文時代ってどんな時代?
文時代とは、今から約12,000年前~2,000年前の1万年間、日本に栄えた文化です。明治10年にアメリカのエドワード・モースという人が、東京の大森 貝塚 ( かいづか ) 発掘 ( はっくつ ) したのですが、出土した土器に 縄目 ( なわめ ) の文様がつけられていることから縄文式土器と命名しました。これが「縄文時代」という名前の由来です。縄文時代は、古い方から 草創 ( そうそう ) 期、早期、前期、中期、後期、 晩期 ( ばんき ) の6時期に区分されます。
土器を発明したことで、食べ物を ( ) ることや、 保存 ( ほぞん ) することができるようになり、食材も 豊富 ( ほうふ ) になりました。また、縄文時代になると気候が ( あたた ) かくなってきたので定住生活を行うようになり、大きなムラがつくられるようになりました。
縄文時代後期には、本州とヒスイやアスファルトの 交易 ( こうえき ) をするなど、 想像 ( そうぞう ) するよりも ( ゆた ) かな生活を送っていたようです。

縄文時代のイメージイラスト(美々貝塚
考えるドグー博士と土器