スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 文化・スポーツ局文化振興課 >  北の縄文 - じょうもんキッズ_縄文人の家


最終更新日:2012年7月13日(金)


北の縄文 - じょうもんキッズ_縄文人の家


じょうもんキッズ
ホームページへもどる
縄文時代ってどんな時代?
大昔のことがなぜわかるの?
縄文人の家
縄文人の道具
縄文人の食べ物
縄文人のおしゃれ
縄文人の心
Copyright(C)2003 Hokkaido Government. All Right Reserved.
縄文人の家
文時代の人々は、 竪穴住居 ( たてあなじゅうきょ ) とよばれる家で生活していました。地面に ( あな ) ( ) って、数本の柱を立て、屋根を ( ) いてつくります。住居の中には、火をたく ( ) がつくられます。
形は丸、長丸、角の丸い四角などがありますが、大きさはふつう直径4~5mくらいですが、大きいものは10メートルをこえるものもあります。柱にはクリなどの固くて ( くさ ) りにくい木を使い、屋根はカヤやササなどで作られています。また、気候がすずしい時期には、屋根に土をもるなど、気候や 環境 ( かんきょう ) に合わせて家をつくっていたことがわかります。


教えるドグー博士

住居跡の写真 復元された竪穴住居(北黄金貝塚)
▲住居のあと
   ▲復元された竪穴住居
(北黄金貝塚)