スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 文化・スポーツ局文化振興課 >  講演会「縄文遺跡群の世界遺産登録と活用」

北海道の分類: 教育・文化  > 文化・芸術・スポーツ > 文化財

最終更新日:2017年4月26日(水)


講演会「縄文遺跡群の世界遺産登録と活用」


 

札幌国際大学 縄文世界遺産研究室開設記念

講演会・パネルディスカッション
「縄文遺跡群の世界遺産登録と活用」

6月12日、開催のお知らせ

 北海道では、札幌国際大学縄文世界遺産研究室及び北の縄文道民会議とともに、「縄文遺跡群の世界遺産登録と活用」をテーマに、講演会とパネルディスカッションを開催します。
 元ユネスコ日本政府代表部大使として、平泉・小笠原諸島・富士山の世界遺産登録に立ち会われた 木曽 功 氏 を講師としてお迎えした講演会縄文文化に関する有識者等によるパネルディスカッションを開催します。
 皆様のご来場をお待ちしております。

 チラシ表面

◆チラシはこちらから◆

 ・表面(PDF:1,944kb)

 ・裏面(PDF:1,813kb) 

 

 日時平成28年6月12日(日) 14時~16時 (開場13時30分)

 場所札幌グランドホテル 本館2階「金枝」 (札幌市中央区北1条西4丁目)

 内容

  第1部 講演会  「世界遺産登録と活用」

      講 師:木曽 功 氏 (千葉科学大学学長、元ユネスコ日本政府代表部大使)

  第2部 パネルディスカッション

    「縄文遺跡群の世界遺産登録へ向けて-その価値と活用を考える-

       パネラー:木曽 功 氏 

              横川 大輔 氏 (札幌国際大学観光学部講師)

               越田 賢一郎 氏 (札幌国際大学縄文世界遺産研究室長)

       コーディネーター:阿部 千春 氏 (北海道環境生活部縄文世界遺産推進室 特別研究員)

 【申し込み等】

  ・入場料は無料です。

  ・事前申し込みは不要です。(定員150名、当日先着順)

 

→ 縄文世界遺産推進室トップページにもどる