スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 文化局文化振興課 >  縄文フォーラム inふかがわ


最終更新日:2020年3月05日(木)

開催中止のお知らせ

【開催中止】

3月8日(日)に開催を予定しておりました「縄文フォーラムinふかがわ」ですが、

新型コロナウイルス感染症の影響により、開催を中止することとなりました。

ご来場を予定していた皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますよう

お願い申し上げます。

                  

【開催中止】縄文フォーラム

inふかがわ

北海道の縄文文化と地域資源の活かし方

「北海道の縄文文化」×「アドベンチャートラベル」地域の新しい価値の創造へ! 



空知管内唯一の国指定史跡「音江環状列石」を有する深川市において、

北海道の縄文文化が持つ魅力や価値を紹介するとともに、

様々な地域資源(自然、アクティビティなど)を

どのように結び付け、活かしていくのか探ります。

フォーラムの概要

2021年に、”北海道初“となる世界文化遺産登録をめざしている「北海道・北東北の縄文遺跡群」。世界遺産を構成する縄文遺跡以外にも、道内には、ほぼ全ての市町村に約8,000の縄文遺跡が存在しております。貴重な地域資源である「縄文文化」を今後どのように活かしていくのか。

ひとつの視点として、同じく2021年にアジア初となる開催が内定した「アドベンチャートラベル・ワールドサミット」を切り口に、地域資源としての「異文化体験=縄文文化」「自然」「アクティビティ」をどのように結び付け、ひとつのストーリーとしてまとめるのか、その方法や可能性について、講演とパネルディスカッションを通して探っていきます。

 

日時 2020年3月8日(日)13:30~16:00

場所 ラ・カンパーニュホテル深川 2階青雲(大ホール)

   深川市3条6番7号

内容 ■基調講演

   「北海道の縄文文化とアドベンチャートラベルが秘める可能性について」

     講師  阿部 千春(北海道環境生活部縄文世界遺産推進室 特別研究員)

   ■パネルディスカッション「地域の宝をつなぐストーリーを探る」

     パネリスト 

               百々 千鶴(深川市教育委員会 学芸員)

     平松 千春(一般社団法人深川観光協会 事務局長)

     安田 光則(株式会社スポートピア 代表取締役社長) 

 縄文フォーラムふかがわ表

このページに関するお問い合わせ


                                  北海道環境生活部文化局文化振興課 縄文世界遺産推進室
                                  電話番号:011-204-5168
                                  メールアドレス:kansei.bunka@pref.hokkaido.lg.jp 


→ 縄文世界遺産推進室トップページにもどる