スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2016年6月29日(水)

 

 縄文夏まつり

~北の縄文応援団1万人集合!!~


    北海道では、「北海道・北東北の縄文遺跡群の世界遺産登録を目指す道民会議(略称:北の縄文道民会議)」と連携し、札幌駅前通地下歩行空間(チカホ)で「縄文夏まつり」と題して、イベントを開催します。

  今年度は、国宝土偶(中空土偶、合掌土偶)をはじめとする北海道・青森県から出土した土偶などのレプリカ展示、北の縄文文化を知るパネル展、親子向けイベント「勾玉体験教室」、連日開催の北の縄文セミナーと、多彩な内容で皆様のご来場をお待ちしております。

◆チラシはこちら◆

 チラシ表 ちらし裏 

PDF:1,151kb

 PDF:625kb

〇 日時:平成28年7月6日(水)~10日(日)11:00~19:00

〇 会場:札幌駅前通地下歩行空間(チカホ) 
        北4条イベントスペース(地下鉄さっぽろ駅側入口横)


〇 内容

    出土品展示(複製)
      ・国宝 中空土偶(北海道函館市著保内野遺跡出土)

      ・国宝 合掌土偶(青森県八戸市風張1遺跡出土)

      ・重要文化財 遮光器土偶(青森県つがる市亀ヶ岡石器時代遺跡出土)

      ・重要文化財 土面(千歳市ママチ遺跡出土)

      ・重要文化財 動物形土製品(千歳市美々4遺跡出土)

      ・道指定有形文化財 赤彩注口土器(八雲町野田生1遺跡出土)

      ・道指定有形文化財 土偶(根室市初田牛20遺跡出土)

      ・道指定有形文化財 土偶(江別市大麻3遺跡出土)

      ・札幌市指定有形文化財 土偶(札幌市N30遺跡出土)

      ・足形付土版(函館市垣ノ島遺跡出土)                               

   2 パネル展示
      世界遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の紹介
      縄文の出土品を撮り続ける写真家・小川忠博さんの作品を展示

   「北の縄文セミナー@チカホ」(道民カレッジ連携講座)
    ◆ 日 時 平成28年7月6日(水)16:00~17:00
       テーマ 「最古のサケ漁遺跡から見えた縄文のくらし」
       講 師 石狩市教育委員会 文化財課長 工藤 義衛 氏

    ◆ 日 時 平成28年7月7日(木)12:00~13:00
       テーマ 「縄文時代の陥し穴猟」
       講 師 登別市教育委員会 社会教育グループ主査 菅野 修広 氏

    ◆ 日 時 平成28年7月8日(金)12:00~13:00
       テーマ 「貝塚のある縄文のムラ-史跡入江・高砂貝塚の発掘調査と保存活用-
       講 師 洞爺湖町教育委員会  社会教育課社会教育グループ主幹 角田 隆志 氏

    ◆ 日 時 平成28年7月9日(土)13:00~14:00
       テーマ 「縄文時代の墓と副葬品-足形・手形付土製品など-
       講 師 函館市教育委員会 世界遺産登録推進室 主査 福田 裕二 氏

    ◆ 日 時 平成28年7月10日(日)13:00~14:00
       テーマ 「縄文時代の漁民の知恵を探る-銛猟と釣漁-
       講 師 (公財)北海道埋蔵文化財センター 第一調査部第二調査課 主査 福井 淳一 氏

   4 縄文のアクセサリーを作ろう!!「勾玉(まがたま)体験教室」

     柔らかい石を磨いて勾玉(まがたま)を作る体験学習です。

     日 時 7月 9日(土) 14:30~15:30、15:30~16:30

            7月10日(日) 11:30~12:30

      ・ 対 象 小学生以上(親子で参加も出来ます。)

      ・ 講 師 北海道埋蔵文化財センター普及活用課 

              主査 倉橋直孝 氏 、主査 坂本尚史 氏

 <お問い合わせ>

 北海道環境生活部文化・スポーツ局文化振興課縄文世界遺産推進室 

  電話:011-204-5168

  FAX:011-232-8695