スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 環境生活部 > 文化局文化振興課 >  百年記念施設の継承と活用に関する考え方について

北海道の分類: 教育・文化  > 文化・芸術・スポーツ > 美術館・文学館・芸術館・博物館・科学館

最終更新日:2018年11月13日(火)

百年記念施設の継承と活用に関する考え方について

北海道博物館をはじめ、北海道開拓の村や北海道百年記念塔は、北海道の歴史・文化などに触れることができる貴重な財産であるとともに、国内外に北海道の魅力を発信する拠点となっています。

道では、これまでも、各施設の保全や利用促進に取り組んできましたが、施設の老朽化や利用者数の減少等の現状から、これら百年記念施設の利活用について、有識者による懇談会でのご意見を踏まえ、このたび、今後の議論の方向性を示す「百年記念施設の継承と活用に関する考え方」をまとめました。

考え方では、百年記念施設を点としてではなく、自然豊かな周辺地域を含め、歴史、文化などを体感し、交流できる空間としての再生を目指すこととしています。

道では、この考え方をもとに、さらに議論を深め、北海道150年(平成30年)を節目に、再生に向けた構想をとりまとめます。

・百年記念施設の継承と活用に関する考え方【概要】(PDF
・百年記念施設の継承と活用に関する考え方【本文】(PDF

参考
 ・ほっかいどう歴史・文化・自然「体感」交流空間構想のページ
 ・ほっかいどう歴史・文化・自然「体感」交流空間構想検討会議
 ・北海道の歴史文化施設活性化に関する懇談会の開催状況
 ・北海道博物館ホームページ
 ・北海道開拓の村ホームページ
 ・道立自然公園野幌森林公園(北海道百年記念塔)ホームページ

このページに関するお問い合わせ
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
北海道環境生活部文化・スポーツ局文化振興課調整グループ
電話番号:011-204-5208
FAX番号:011-232-8695

メールアドレス:kansei.bunkapref.hokkaido.lg.jp

(迷惑メール対策のため、@を■にしています。
  メールを送る際には、@に置き換えてください。)