スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 都市環境課 >  道立公園のPFI事業について


最終更新日:2017年9月14日(木)


道立公園のPFI事業について


遊びにおいでよ道立公園
 北海道建設部まちづくり局都市環境課
 

道立噴火湾パノラマパーク におけるPFI事業について


・噴火湾パノラマパークは「すてきな風景と出会う体験と交流の丘」をテーマに、農地・花畑・ピクニック広場など、現況の地形と自然を活かした施設を整備し、平成18年6月から供用開始しています。
・北海道では、当公園の施設整備、維持管理及び運営の一部を「民間資金等の活用による公共施設等の整備 等の促進に関する法律」いわゆる「PFI法」に基づき実施しています。

 ○噴火湾パノラマパーク整備事業概要
  ◆整備費 :全体 50億円 (内PFI事業費1,756百万円)
  ◆事業期間:整備       H13~21(9箇年)  
  ◆面   積 :全体 62.7ha (内町施行 8.1ha、PFI施行 12.3ha)

 ○PFI事業概要
  ◆事業期間:整備       H16~17(2箇年)
         維持管理・運営  H18~42(25箇年)
   ◆契約額  :3,055百万円(整備費1,756百万円、管理運営費1,299百万円)
  ◆PFI事業契約者:噴火湾パノラマパークPFI(株)(落札後に特別目的会社を設立)
       清水建設(出資割合55%) 東急コミュニティー(出資割合25%)
      小学館プロダクション(出資割合10%) 宮坂建設工業(出資割合10%)

 ○管理施設
   ◆センターゾーン (4.1ha)
    ビジターセンター(管理事務所、多目的体育館、体験学習室、休憩スペース)エント 
     ランス広場、メイン・第2駐車場
   ◆宿泊ゾーン (8.2ha)
     オートキャンプ場(コテージ12棟、オートテントサイト30、フリーテントサイト 
    16)センターハウス、炊事棟2棟


「道におけるPFI導入のための指針」 (総合政策部のページへ)              

 意見・質問等はこちら

E-mail: kensetsu.koka2@pref.hokkaido.lg.jp まで




公園のトップへもどる