スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 都市環境課 >  単独地中化方式


最終更新日:2006年10月10日(火)


単独地中化方式


単独地中化方式
 
 電線管理者が自らの費用で地中化を行う手法である。昭和61年以前より実施されており、第一期電線類地中化計画(昭和61年度~平成2年度)では、計画全体延長の約8割を占めていた。しかし、新電線類地中化計画(平成11年度~平成15年度)では、計画全体延長の約3%であり、現在、実施されている例は極めて少ない。
 管路等は電線管理者が道路占用物件として管理する。