スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 都市計画課 >  都市施設の見直しについて


最終更新日:2018年3月01日(木)


都市施設の見直しについて


都市計画道路の見直しについて

 都市計画道路は、円滑な都市活動を支えるとともに、市街地の骨格を形成し都市の貴重な空間となる根幹的な都市施設です。
 これまで都市計画道路は、人口の増加、経済の成長、交通量の増大、市街地の拡大等を前提に決定されてきましたが、近年の社会および経済の情勢を踏まえると、その必要性に変化が生じている路線が存在しているものと思われます。
 このような状況を踏まえて、北海道では、これからの北海道における都市計画道路のあり方について目指すべき方向性を示し、計画の必要性や事業の実現性等を総合的に点検・検証し、計画の変更・廃止を含めた見直しの基本的な考え方と手順について示すガイドラインを策定しました。
 今後、各市町において長期間未着手となっている路線、地形・地物との不整合や個別課題を有する路線等の計画の変更や廃止を検討する際の参考としてください。

都市計画道路の見直しガイドライン.pdf (677KB)

都市計画公園の見直しについて 

 都市計画公園、緑地、広場、墓園及びその他の公共空地(以下「公園等」)は、都市における環境保全やレクリエーション、防災、景観構成など重要な役割を果たす根幹的な都市施設です。そのため、都市計画上必要な公園等は都市計画決定を行い、その整備を計画的に行ってきたところです。
 しかしながら、一部の公園等においては、都市計画決定以降、その役割や周辺の土地利用状況の変化などにより、長期にわたり未着手となっています。このような状況を踏まえて、北海道では、『長期未着手公園等に係る基本的な考え方』を一つの考え方として策定しました。
 今後、各市町において長期未着手となっている公園等の計画の変更や廃止を検討する際は、本指針を参考としてください。

長期未着手公園等に係る基本的な考え方.pdf (461KB)


 お問い合わせ先
北海道建設部まちづくり局都市計画課区域・施設グループ
TEL:011-231-4111(大代表、内線29-819又は29-822)
TEL:011-204-5564(ダイヤルイン(直通))