スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 都市計画課 >  札幌市についての流通業務施設の整備に関する基本方針

北海道の分類: 環境・まちづくり > 都市・景観・住宅・土地 > 景観・広告

最終更新日:2019年3月28日(木)

札幌市についての流通業務施設の整備に関する基本方針

 札幌市の流通業務市街地は、 「札幌市についての流通業務施設の整備に関する基本方針」に基づき整備されてきました。このたび、近年の物流に係る業態の多様化や流通業務施設の集約化・複合化等の社会情勢の変化を踏まえ、平成31年3月にこの基本方針を改正しました。

〇流通業務市街地について 

    流通業務市街地は、既成市街地の外周の地域に流通業務施設を集約的に立地し、都市における流通機能の向上及び道路交通の円滑化を図る目的で建設される市街地で、「流通業務施設の整備に関する法律(流市法)」に基づき整備されます。

  また、都道府県知事は、流市法に基づき、都市ごとに「流通業務施設の整備に関する基本方針」を定めることができます。

   基本方針に係る都市の区域のうち、流通業務市街地の適地には、地域地区である「流通業務地区」と都市施設である「流通業務団地」を都市計画に定めることができます。

 現在、道内の流通業務地区及び流通業務団地は、大谷地流通業務地区(札幌市)の1か所となっています。

ダウンロード

  (1) 改正概要   (PDF:449KB)

  (2) 基本方針    (PDF:205KB)

  (3) 新旧対照表  (PDF:234KB)  

意見募集結果

     改正素案に対する意見募集の結果について(平成31年1月)

お問い合わせ先

           〒060-8588
          北海道札幌市中央区北3条西6丁目(道庁本庁舎10階)
          北海道建設部まちづくり局都市計画課 区域・施設グループ
          TEL 011-231-4111(内線29-817) FAX 011-232-1147
          電子メール kensetsu.tokei1@pref.hokkaido.lg.jp
          (迷惑メール対策のため、「@」を全角にしています。メールを送る際には半角に置き換えてください。)