スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 維持管理防災課 >  北海道津波防災まちづくりシンポジウム開催趣旨

北海道の分類: 環境・まちづくり > 都市・景観・住宅・土地 > まちづくり

最終更新日:2018年9月21日(金)

北海道津波防災まちづくりシンポジウムの開催について 

 

  道では、一昨年の東日本大震災の甚大な津波被害の発生以来、道民の津波防災への関心が高まっていることから、津波災害に強いまちづくりに関して地域住民の理解を深めることを目的として、北海道にゆかりの深い関克己氏、松尾一郎氏のお二人を講師としてお招きして、北海道津波防災まちづくりシンポジウムを開催いたします。

関克己氏は、最初の勤務地が北海道開発局石狩川開発建設部であり、漁川ダムの建設や豊平川の改修に携わられ、2000年の有珠山噴火時には現地対策本部で内閣安全保障・危機管理室内閣審議官として復旧・復興の指揮を執り、その後、北海道開発局長や北海道局長として北海道開発に尽力されてきました。

また、松尾一郎氏は、「2000年有珠山噴火時における住民避難行動と災害情報等の研究」や「2003年十勝沖地震津波時の住民避難行動調査」など、北海道においても数多くの防災関係の調査研究をされております。

 講師のお二人は東日本大震災の被災地の復旧・復興にも携わっており、危機管理・防災のプロフェッショナルでご活躍されております。またとない機会ですのでどうぞ、数多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

1 開催場所

浦河町総合文化会館4階 文化ホール(浦河郡浦河町大通3丁目52番地)

TEL0146-22-5000

2 開催日時

 平成25年6月13日(木) 13:30~16:00  開場13:00~

3 講演内容・講師

○基調講演「北海道の防災を考える~東日本大震災と近年の豪雨災害の教訓に学ぶ~」

 講 師  関  克己 氏(京都大学経営管理大学院客員教授)

○特別講演「東日本大震災時の消防団・民生委員の救護被災とこれからの防災ひとづくりを考える」

講 師  松尾 一郎 氏(CeMI環境・防災研究所副所長 兼 地域防災研究センター長)

4.申し込み等

      別紙 北海道津波防災まちづくりシンポジウム 申し込み案内チラシ

      (インターネットでのお申し込みの方は一般財団法人北海道建設技術センター

       ホームページURL:http://www.hoctec.or.jp

5.お問い合わせ先

      北海道建設部建設政策局施設防災課 津波・防災施設G

      TEL:011-231-4111(内線29-776)

      E-mail:kensetsu.kenbo@pref.hokkaido.lg.jp