スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 土木局河川砂防課 >  有珠山対策事業


最終更新日:2018年1月17日(水)


有珠山対策事業


                    有珠山対策事業

  有珠山は、平成12年3月31日に23年ぶりに噴火し、板谷川上流の西山西麓火山群や洞爺湖温泉街の金比羅山山麓火山群周辺には、火山灰などが火山噴出物が堆積し、さらに地殻変動による地山の緩みなどにより不安定土砂が増加しました。

  これらが降雨時などに泥流となって市街地に流下する恐れがあるため、平成12年度は板谷川などにおいて、災害関連緊急砂防事業により遊砂地や砂防ダムなどを実施しました。
 
 平成13年度からは火山砂防激甚災害対策特別緊急事業により洞爺湖温泉街の西山川などにおいて、遊砂地などの泥流対策を進めています


洞爺湖温泉街泥流対策砂防計画の構想(模型写真)

洞爺湖温泉街泥流対策砂防計画の構想(模型写真)



金比羅山火口と洞爺湖温泉

             金比羅山火口と洞爺湖温泉



 




  



有珠山情報のホームページへのロゴ 有珠山情報(室蘭土木現業所)のホームページへ

次のページへのロゴ 次ページへ

トップページへのロゴ 砂防災害課トップページへ