スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 土木局河川砂防課 >  河川整備基本方針・整備計画


最終更新日:2006年2月18日(土)


河川整備基本方針・整備計画


 北海道における

河川整備基本方針』&『河川整備計画

青球ボタン

平成9年の河川法改正により新たな河川整備の計画制度が導入されました

青球ボタン

鉛筆イラスト河川整備基本方針とは
 河川管理者が全国的なバランスを確保しつつ、水系全体を見渡して河川整備の基本方針として、基本高水、計画高水流量配分等を定めるもので、一級河川の場合は国の社会資本整備審議会の意見を聴きながら国が策定するものです。北海道の二級河川の場合は北海道河川委員会の意見を聴きながら道が策定しています。
鉛筆イラスト河川整備計画とは
 河川の整備が河川整備基本方針に沿って計画的に行われることとなる河川の区間について、地方公共団体や地域住民の意見を反映し、概ね20~30年の間に実施する河川工事、河川の維持の両面にわたり河川整備の全体像を定めるものです。

 
 

河川課のTOPページへ