スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 建設政策局建設管理課 >  「ワンデーレスポンス」(試行)について


最終更新日:2018年4月06日(金)


「ワンデーレスポンス」(試行)について



「ワンデーレスポンス」(試行)について



 工事あるいは委託業務の品質確保においては、受注者と発注者が意思疎通を図り、履行期間中において発生する諸問題に対し迅速な対応を行うことによって、実働工期を確保し、所定の工期内で工事あるいは業務を完成させることが重要です。

 履行過程における諸問題に対して、「速やかかつ適切に対応する」ことを踏まえた対応により、組織的、システム的なものとするため、平成26年度(工事は平成27年度)より一部の工事及び委託業務を対象としてワンデーレスポンスの試行に取り組んでおります。


◆「ワンデーレスポンス」(試行)の対象工事及び業務(平成30年度~)

項目 対象範囲
工事 請負額3,500万円以上の工事
委託 全ての測量業務、調査業務及び設計業務


◆「ワンデーレスポンス」(試行)のアンケート結果(平成29年度)

 平成29年11月よりワンデーレスポンスの効果や課題点を把握するため、試行対象の工事及び委託業務に係る受発注者を対象としたアンケート調査を実施しましたのでその結果についてお知らせします。

平成29年度ワンデーレスポンスの試行に関するアンケート調査結果について(PDF形式)



建設管理課のトップページへ戻る