スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 建設政策局建設管理課 >  H30.10北海道建設部土木工事数量算出要領


最終更新日:2020年5月19日(火)

 

土木工事数量算出要領について


更新日:平成30年8月1日

◯ 土木工事数量算出要領とは

 北海道建設部では、建設管理部が施行する土木工事にかかる工事費用の積算及び契約における透明性・客観性を確保し、発注者・受注者間の共通認識の形成を図るため、「工事工種体系化」を定めています。
 この「工事工種体系化」により工事費用を積算するために、各工種ごとに算出する数量の項目、区分及び算出方法を定めたものが「土木工事数量算出要領」です。


  施工パッケージ型積算方式に対応した数量集計表様式は、エクセル形式のファイルを以下からダウンロードすることが出来ます。

 ○平成30年10月版 集計表様式【施工パッケージ型積算方式版】(エクセル 約 1,800KB)

 ※過去の集計表様式もすべて一つのファイルにまとめました。

 上記数量集計表様式は、印刷すると字が小さくなるので、コンサルの納入用としては使用せず、下記様式を使って下さい。下記様式は、数量区分を1行ではなく2行にして列を半減させ、レベル1~2を頁の上部に移しています。上記様式からレベル1~6、数量区分等をコピーし、下記様式に貼り付けて作成して下さい。

 ○数量集計表様式(納入用・河川)(エクセル 約 68KB)【リンク一時中止】

 ○数量集計表様式(納入用・道路)(エクセル 約 146KB)【リンク一時中止】

 

 北海道建設部土木工事数量算出要領は、PDF形式のファイルを以下からダウンロードすることが出来ます。
 
○土木工事数量算出要領(平成30年10月) 
 
 
 



建設管理課(技術管理係・積算管理係)のトップページへ戻る