スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 建設政策局建設管理課 >  「公共工事の品質確保に関する北海道の取組方針」についての意見募集結果


最終更新日:2015年10月23日(金)

最終更新日:平成27年10月23日
 

「公共工事の品質確保に関する北海道の取組方針(見直し素案)」についての意見募集結果

 

 北海道では、平成17年4月に施行された「公共工事の品質確保の促進に関する法律」(以下、「品確法」という。)、同年8月の「公共工事の品質確保の促進に関する施策を総合的に推進するための基本的方針」(以下、「基本方針」という。)の閣議決定を受け、公共工事の品質確保の促進を図り、良質な社会資本の整備を通じて道民の福祉の向上及び本道経済の健全な発展に寄与することを目的に、平成19年8月に「公共工事の品質確保に関する北海道の取組方針」(以下、「取組方針」という。)を策定し、各種取組を推進してきたところです。
 その後の社会経済情勢の変化に伴い、建設業は、東日本大震災に係る復興事業や防災・減災、老朽化対策、耐震化、インフラの維持管理などの担い手として、その果たすべき役割はますます増大する一方、建設投資の急激な減少や競争の激化により、建設業の経営を取り巻く環境が悪化し、ダンピング受注などにより、建設企業の疲弊や下請企業へのしわ寄せを招き、結果として現場の技能労働者の高齢化や若年入職者の減少といった構造的な問題が生じてきています。
 こうした問題を看過すれば、中長期的には、建設工事の担い手が不足することが懸念されています。また、維持管理・更新に関する工事の増加に伴い、これらの工事の適正な施工の確保を徹底する必要性も高まっています。
 これらの課題に対応し、現在及び将来にわたる公共工事の適正な施工及び品質の確保と、その担い手の確保を目的として、平成26年6月に品確法が改正され、これに伴い同年9月には改正基本方針が閣議決定されました。さらに、同法第22条の規定に基づき平成27年1月に「発注関係事務の運用に関する指針」(以下、「運用指針」という。)が作成されました。
 こうした状況変化等を踏まえ、公共工事の品質確保に関する道の取組をより一層進めていくため取組方針を見直し、この見直し素案について広く道民の皆様のご意見を募集いたします。
 意見募集は終了しました。多くの意見ありがとうございました。

 


 意見募集の概要

 1 計画等の案の名称

   公共工事の品質確保に関する北海道の取組方針(見直し素案)

 2 意見募集要領 

   道民意見提出手続の意見募集要領

 3 参考資料の名称  ※こちらからダウンロードできます。

   ・公共工事の品質確保に関する北海道の取組方針(見直し素案)
   ・資料1 公共工事の品質確保に関する北海道の取組方針(見直し素案)の概要
   ・意見提出様式   Word版   PDF版 (この様式以外での提出でも構いません。)


   ※以下の場所での閲覧及び入手が可能です。
   ア 北海道建設部建設政策局建設管理課(道庁10階)
   イ 北海道総務部法務・法人局法制文書課行政情報センター(道庁別館3階)
   ウ 各(総合)振興局(石狩振興局を除く)の行政情報コーナー
   エ 各(総合)振興局建設指導課

 4 意見等の募集期間

   平成27年8月6日(木)~ 平成27年9月7日(月)※終了しました。

 5 意見募集の結果(意見の概要と道の考え方)

   ・公共工事の品質確保に関する北海道の取組方針(見直し素案)についての意見募集結果

 6 お問い合わせ

   建設部建設政策局建設管理課技術管理グループ
   TEL 011-231-4111 内線 29-162

  

 

  

 建設管理課のトップページへ戻る