スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 建設政策局建設管理課 >  建設業における技能労働者の処遇改善への取組について


最終更新日:2018年3月05日(月)

建設業における技能労働者の処遇改善への取組について

北海道建設部

  国土交通省では、工事の積算に用いるための「平成30年3月から適用する公共工事設計労務単価」を平成30年2月16日に決定し、道においても、この新労務単価を積算に用いる単価として同日付けで決定したところですが、平成25年度から6年連続の労務単価引き上げとなり、その結果、平成24年度と比較すると55.6%の上昇となりました。

  道では、技能労働者の育成・確保には適切な水準の賃金の支払いが極めて重要であることに鑑み、各関係団体の長に対して、「技能労働者への適切な水準の賃金の支払に対する特段の配慮」、「法定福利費の適切な支払と社会保険等への加入徹底」を要請したところです。(H30要請文(PDF))

  北海道発注工事にたずさわる建設業者の皆様におかれましては、こうした事情を踏まえ、技能労働者等への適切な水準の賃金の支払などについて、特段の配慮をお願いいたします。

北海道の建設業ロゴマーク

公共工事設計労務単価とは?

  国土交通省では、公共工事設計労務単価は、公共工事の予定価格の積算用単価として、諸経費を含まない金額として公表しているにもかかわらず、現場において建設労働者の雇用に伴い必要な賃金以外の経費を含んだ金額と誤解され、必要経費分の値引きを強いられる結果、建設労働者に支払われる賃金が低く抑えられているとの指摘があることから、建設労働者の雇用に伴って必要となる、法定福利費の事業主負担額、労務管理費、安全管理費、宿舎費等の経費を公共工事設計労務単価に加算した金額(参考値)を公表しています。そのうち北海道分を抜粋してまとめたものを作成いたしましたので、参考としてください。

建設労働者等の雇用に伴う必要経費を含む金額の参考公表(北海道分抜粋)(PDF)

  [平成30年3月から適用する公共工事設計労務単価]に対応するものです。

社会保険等への加入に必要な経費を確保するため「法定福利費を内訳明示した見積書」を活用しましょう!

  現場作業員の法定福利費は、それぞれの工事ごとの請負金額の中で確保する必要があるため、法定福利費を内訳明示した見積書を活用し、元下間で必要な法定福利費の確保に繋げます。

法定福利費を内訳明示した見積書の概要(PDF)

法定福利費を内訳明示した見積書の作成手順(簡易版)(PDF)

各団体が作成した標準見積書(国土交通省のページに移行します)

以下、国土交通省のホームページで掲載されているガイドラインなどの中から、適切な水準の賃金の支払などについて参考となるものを抜粋して掲載しましたので、ご活用ください。

建設業法令遵守ガイドライン - 元請負人と下請負人の関係に係る留意点 -

  元請下請間の取引慣行上の法令違反行為の具体例や望ましい取引方法の具体例などが明示されています。

概要(PDF)

ガイドライン(第5版)(PDF)

発注者・受注者間における建設業法令遵守ガイドライン

  発注者と受注者との請負契約について、法令遵守が必要な項目ごとに、「建設業法上違反となる行為事例」、「建設業法上違反となるおそれのある行為事例」などが具体的に明示されているほか、法令の規定の趣旨、留意すべき事項、とるべき望ましい行為などについて解説されています。

概要(PDF)

ガイドライン(全体版)(PDF)

建設業における下請取引適正化のポイント

リーフレット(PDF)

社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン

  建設業における社会保険の加入について、元請企業及び下請企業がそれぞれ負うべき役割と責任を明確にし、建設企業の取組の指針となるべきものとして制定されたものです。

概要(PDF)

ガイドライン(PDF)

社会保険の加入に関する参考資料

建設業における労働保険、社会保険の加入義務等(PDF)

一人親方の社会保険加入に関するリーフレット(PDF)

リンク

国土交通省「土地・建設産業」のトップページ

  国土交通省「建設業課」のトップページ

    建設業に係る各種ガイドライン・マニュアルのページ (各種ガイドラインや監理技術者制度運用マニュアルなどを掲載)

    建設工事標準請負契約約款のページ (建設工事標準下請契約約款などを掲載)

    建設業の社会保険未加入対策のページ (国土交通省が進める建設業の社会保険加入対策についての資料やQ&Aを掲載)

このページに関するお問い合わせ
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目(道庁10階)
北海道建設部建設政策局建設管理課工事管理グループ
電話番号:011-231-4111内線29-730)
FAX番号:011-232-6335
メールアドレス:kenjo.kikaku(記号)pref.hokkaido.lg.jp
注意:送信の際には、(記号)を「 @ 」としてください。