スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 計画管理課 >  品質確保に関する取組


最終更新日:2018年3月27日(火)


品質確保に関する取組


北海道建設部建築局における発注工事の品質確保に関する取組方針

 

平成21101日公表

 

 

1.目的

   平成174月に「公共工事の品質確保の促進に関する法律」が施行され、同年8月に「公共工事の

  品質確保の促進に関する施策を総合的に推進するための基本的な方針」が閣議決定されたことを受

  け、北海道においては、平成198月に公共工事の品質確保の促進に関する基本的な方針として「公

  共工事の品質確保に関する北海道の取組方針」を定めた。

   また、平成217月に公共工事の品質確保及び経済雇用対策の一環として、「工事等に係る低入

  価格調査制度及び最低制限価格制度の基準の設定等について」(平成141029日付け建情第493

   号、最終改正:平成2173日付け建情第371号)を改正したところである。

   本方針は、北海道建設部建築局として、発注工事の品質を確保し、良質な社会資本の整備を通じ

  て道民の福祉の向上及び本道経済の健全な発展に寄与することを目的として定めるものである。

 

2.品質確保のための取組

   北海道建設部建築局が発注する工事の品質確保を図るため、建築局執行方針(平成207月、

  道建設部建築局)を踏まえ、元請負人と下請負人等の契約関係の適正化、工事の安全確保及び

  環境の改善、契約内容に適合した施工と品質の確保、技術的指導の強化など、次の取組を進める。

 

 (1) 「下請状況等調査」の実施

    建築局が発注する営繕工事において、元請負人と下請負人、交通誘導業務を行う会社及び運搬

   業務を行う会社等との間における契約状況及び下請代金の支払い状況を把握し、元請負人と下請

   負人等の契約関係の適正化を図ることを目的として「下請状況等調査」を実施する。

    下請状況等調査を実施するために、「北海道建設部建築局営繕工事下請状況等調査及び安全パ

   トロール実施要領」を定め、当該要領に基づき下請状況等調査を実施する。

 

 (2) 「安全パトロール」の実施

    建築局が発注する営繕工事において、工事現場を直接視察し、「安全管理の徹底」、「労働環

   境の改善」及び「建設業法の遵守」について指導、啓発を行うことにより、工事の安全確保及び

   労働環境の改善を図ることを目的として「安全パトロール」を実施する。

    安全パトロールを実施するために、「北海道建設部建築局営繕工事下請状況等調査及び安全パ

   トロール実施要領」を定め、当該要領に基づき安全パトロールを実施する。

 

 (3) 「重点監督」及び「現場監督の強化」の実施

    建築局が発注する営繕工事において、契約内容に適合した施工と工事目的物の品質確保を図る

   ことを目的として「重点監督」を実施する。

    重点監督を実施するために、「北海道建設部建築局営繕工事重点監督実施要領」を定め、当該

   要領に基づき重点監督を実施する。

    また、発注者が行う現場監督を強化することにより、公共工事のより一層の品質確保を図るこ

   とを目的として「現場監督の強化」を実施する。

    現場監督の強化を実施するために、「公共工事の品質確保のための現場監督の強化について」

   を定め、当該取扱いに基づき現場監督の強化を実施する。

 

 (4) 「中間検査」の実施

    建築局が発注する営繕工事のうち重要構造物工事等で、完成検査時に不可視となる部分や施工

   中の各段階における施工状況、出来形及び品質等について、契約が適正に履行されていることを

   確認することにより、工事の手戻りを防ぎ、技術的指導による技術水準の向上を図ることを目的

   として「中間検査」を実施する。

    中間検査を実施するために、「営繕工事中間検査実施基準」を定め、当該基準に基づき中間検

   査を実施する。

 

 (5) その他品質確保のための措置

    その他発注工事の品質確保のために必要な措置を講ずるものとする。

 

 

 ☆「北海道建設部建築局における発注工事の品質確保に関する取組」

 

 ☆「北海道建設部建築局営繕工事下請状況等調査及び安全パトロール実施要領」

 

 ☆「北海道建設部建築局営繕工事重点監督実施要領」

 

 ☆「公共工事の品質確保のための現場監督の強化について」

 

 ☆「営繕工事中間検査実施基準」