スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 計画管理課 >  営繕工事における働き方改革の取組み


最終更新日:2019年5月13日(月)


働き方改革の取組み


              営繕工事における働き方改革の取組み

  
         

     建設部建築局では、営繕工事における働き方改革の一環として、「週休2日モデル工事」、
       「快適トイレ設置工事」及び「工事関係書類の簡素化」に取り組んでいますので、皆様のご理
    解とご協力をよろしくお願いいたします。

   【ポイント】
   ○ 週休2日モデル工事
    ・4週8休以上の現場閉所を履行できた場合、工事施行成績評定で加点する。(+1点)
    ・4週6休以上の現場閉所を履行できた場合、現場閉所状況に応じた補正係数により労務費
     (予定価格のもととなる工事費の積算に用いる複合単価、市場単価及び物価資料の掲載
     価格(材工単価)の労務費)の補正を行う。

   ○ 快適トイレ設置工事
    ・快適トイレを設置できた場合、設計変更で設置費用(従来品相当額との差額)を計上する。
     (男女1基ずつまで)

   ○ 工事関係書類の簡素化
    ・12種類の工事関係書類について、記載内容が重複するなど、他の書類により内容を確認
     できるものは省略可能とし、内容が類似しているものや他の書類に包含されるものは集約
     可能とする。

   【資  料】
         ○ 平成31年度 営繕工事における週休2日モデル工事の実施について(概要)

         ○ 営繕工事現場への快適トイレの導入について(概要) 

         ○ 営繕工事における工事関係書類の簡素化について(概要)