スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 計画管理課 >  H31総合評価落札方式施行成績平均点等公表


最終更新日:2019年4月05日(金)

平成31年度営繕工事における総合評価用工事施行成績等の
公表について

 入札参加者の技術評価項目申請書作成の効率化及び評価点事後審査(自己採点)方式のより円滑な実施を図るため、平成31年度に建設部建築局が発注する総合評価落札方式の技術評価項目申請において採用する各入札参加者の総合評価用工事施行成績の評価基準点及び地域建設業経営環境評価で用いる受注件数を工種毎に公表いたします。

 ◎平成31年度総合評価用工事施行成績等公表データ

    【建築工事】     【電気工事】     【管工事

 なお、入札参加にあたりましては、参加予定の工事毎の落札者決定基準をご確認のうえ、申請願います。  

 

 ◎公表内容については、以下の条件で集計しています。

 1 総合評価用工事施行成績
 (1)公表対象企業
     平成31・32年度北海道建設工事等競争入札参加資格者名簿のA等級の企業のみとする。
     B若しくはC等級で建設部建築局が発注する総合評価落札方式の対象の工事に参加される場合は、建
    設部建築局計画管理課にお問い合わせください。(共同企業体により必要要件を満たしてA等級となっ
    た場合に参加可能となります。)
 (2)評価対象期間
     建設部建築局(建築保全課除く)発注工事の過去8年間の平均点とする。
     平成31年度の場合、平成23年1月1日から平成30年12月31日までに引渡が完了した工事とする。
 (3)評価基準
     該当工事と同じ入札参加資格による工事施行成績の平均点とする。
 (4)その他
     ア 平均点は、小数第2位を切り捨て1位止めとする。
     イ 実績がない企業は、工事施行成績を65点として扱う。

 2 地域建設業経営環境評価で用いる受注件数
 (1)公表対象企業
     平成31・32年度北海道建設工事等競争入札参加資格者名簿のA等級の企業のみとする。
     B若しくはC等級で建設部建築局が発注する総合評価落札方式の対象の工事に参加される場合は、建
    設部建築局計画管理課にお問い合わせください。(共同企業体により必要要件を満たしてA等級となっ
    た場合に参加可能となります。)
 (2)受注件数期間
     過去5ヶ年度に元請けとして建設部建築局(建築保全課を除く)と契約を締結した工事件数(追加工事を除く。)
     平成31年度の場合、平成26年4月1日から平成31年3月31日までに契約を締結した工事とする。
  (3)その他
     ア 公表している受注件数は、企業が全工種(建築、電気、管、一般土木、機械器具設置等)において受
      注した件数です。複数工種でA等級となっている企業の場合、各工種で掲載している受注件数は同
      数となります。
     イ 公表している受注件数は、評価比率を計算する際の年平均受注係数(分母)を算出する基となる数
      値です。年平均受注係数(分母)は、公表している受注件数を5(ヶ年度)で割り、1を加えてください。
      詳細は、「営繕工事における総合評価落札方式の適用について」P.31からP.33を参照ください。