スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 住宅課 >  被災者の方々への道営住宅提供


最終更新日:2016年11月28日(月)


被災者の方々への道営住宅提供


東日本大震災等に伴う公営住宅への入居の取扱い等について

                                          平成28年11月28日現在

 北海道では、東日本大震災によって甚大な被害を受けた被災者の方々に対する支援の一環
として、住宅に困窮されている方に対して道営住宅を提供しており、入居の取扱いについては
次のとおりとなっております。

(1)新たに入居を希望される方
   平成24年12月28日をもって受け付けを終了しております。

(2)現在お住まいの方
   平成30年3月31日を期限としてお住まいいただけます。
   ※入居期限延長の手続きにつきましては、後日、各振興局よりご連絡いたします

(3)平成29年度道営住宅入居者募集について
   東日本大震災による道内避難者向けの優先入居枠を新たに設定し、恒久的な住宅の確保に
  向けた支援を行う予定です。
   (現在、道営住宅に入居中の世帯についても、平成29年度中に公募により正式入居者と
 
なった日から、公営住宅法に基づく家賃を徴収することとなります。)

(4)その他
   市町村営住宅については、各市町村が担当しておりますので、お問い合わせください。
   (各市町村担当窓口一覧)


【お問い合わせ】

 北海道建設部住宅局住宅課住宅管理グループ

 住所:札幌市中央区北3条西6丁目 道庁9階

 電話:(直通)011-204-5583

   (代表)011-231-4111(内線29-530)