スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設部 > 住宅課 >  平成30年北海道胆振東部地震被災者の方々への道営住宅提供について

北海道の分類: 環境・まちづくり > 都市・景観・住宅・土地 > 公営住宅

最終更新日:2018年9月20日(木)


平成30年北海道胆振東部地震被災者の方々への道営住宅提供について



平成30年9月6日に発生した平成30年北海道胆振東部地震に伴う道営住宅への入居の取扱い等について

 

 

 平成30年9月 7日
            9月20日 一部修正
 

 北海道では、平成30年9月6日に発生した平成30年北海道胆振東部地震によって甚大な被害を受けていることを踏まえ、被災者の方々に対する支援の一環として、住宅に困窮されている方に対して、次のとおり道営住宅の提供をすることとしました。

 

○道営住宅での入居に関する取扱等

1 入居対象者

(1)平成30年北海道胆振東部地震により住居が倒壊又は損傷により

  居住場所を喪失した方

 

2 入居条件等

(1)入居時期

  手続きが終了次第入居可能

   

(2)入居期間

   3ヶ月以内 罹災者の状況により延長可能とします。

   原則、延長した期間の通算が1年間を超えない範囲を限度とします 

        が、状況に応じ、更に期間を延長することができます。

   

(3)住宅使用料

   免除

 

(4)敷金

   免除

 

(5)光熱水費、共益費、自治会費

    入居者が負担することとします。

 

(6)連帯保証人

   必要ありません。

 

3 対象とする道営住宅

  対象とする道営住宅一覧←こちらからダウンロードしてください。

  ※入居によって空き戸数が変動しますのでご了承願います。

  ※若干の修繕を要する場合は、入居までに日数をいただくことがあります。

  ※随時更新予定です。

 

4 受付

  当面の間 

        月~金曜日 8:45~17:00(土日祝日を除く) 

  

5 受付窓口

  北海道建設部住宅局住宅課住宅管理グループ

   住所:札幌市中央区北3条西6丁目 道庁9階

   電話:(直通)011-204-5583

 

6 提出書類

 (1)申請書及び誓約書←こちらからダウンロードしてください。

 (2)入居を希望される方全員の住所等の所在が確認できるもの(健康保険証、運転免許証など)

 (3)罹災証明書(ただし、後日提出可とする)

7 その他

  ただし、入居希望者が提供戸数を上回る場合は、ご希望に添えない場

     合があります。