北海道のしごとのすすめかたみんなの声が生かされるんだ

北海道のしごとは、道民の代表として選ばれた「知事」と「道議会」が、話し合って進めていきます。

ひらがなの読みをとばして次へ

どうのしごとは、どうみんのだいひょうとしてえらばれた「ちじ」と「どうぎかい」が、はなしあってすすめていきます。

知事は、しごとの計画やそれに必要な予算案を道議会に提案します。議会では、知事から提案された計画が、道民のしあわせのために適しているかどうか、十分に話し合われます。知事は議会の決定にしたがって、しごとを進めることになります。

ひらがなの読みをとばして次へ

ちじは、しごとのけいかくやそれにひつようなよさんあんをどうぎかいにていあんします。ぎかいでは、ちじからていあんされたけいかくが、どうみんのしあわせのためにてきしているかどうか、じゅうぶんにはなしあわれます。ちじはぎかいのけっていにしたがって、しごとをすすめることになります。

道議会は選挙で選ばれた101名の代表者(議員)によって構成され、年4回(2月、6月、9月、12月)開かれる「定例会」のほか、必要があるときに開かれる「臨時会」があります。

ひらがなの読みをとばして次へ

どうぎかいはせんきょでえらばれた101めいのだいひょうしゃ(ぎいん)によってこうせいされ、ねん4かい(2がつ、6がつ、9がつ、12がつ)ひらかれる「ていれいかい」のほか、ひつようがあるときにひらかれる「りんじかい」があります。

図解北海道のしごとの関係図

教育委員会や公安委員会などの行政委員会は、知事から独立してしごとをします。

ひらがなの読みをとばして次へ

きょういくいいんかいやこうあんいいんかいなどのぎょうせいいいんかいは、ちじからどくりつしてしごとをします。

ここでページの中身は終了です。

ふむふむ北海道ホーム