これでみんなも北海道博士・絵と数字でみる北海道

北海道のあらまし

日本で1番北にある北海道は、大きな1つの島と、そのほか508の島からできています。北海道のいろいろな特徴を、絵と数字でみてみましょう。

ひらがなの読みをとばして次へ

にほんで1ばんきたにあるほっかいどうは、おおきな1つのしまと、そのほか508のしまからできています。ほっかいどうのいろいろなとくちょうを、えとすうじでみてみましょう。

■人口(じんこう)

【人口(じんこう)くらべ】

人口くらべ。北海道557万人。デンマーク551万人。フィンランド530万人。ニュージーランド423万人。

北海道の人口は、都道府県で8番目に多く、約552万人です(平成22年)。世界の国と比べると、ヨーロッパのデンマークやフィンランドと同じくらい、ニュージーランドの約1.3倍になります。

ひらがなの読みをとばして次へ

ほっかいどうのじんこうは、とどうふけんで8ばんめにおおく、やく552まんにんです(へいせい22ねん)。せかいのくにとくらべると、ヨーロッパのデンマークやフィンランドとおなじくらい、ニュージーランドのやく1.3ばいになります。

■面積(めんせき)

【面積(めんせき)くらべ】

面積くらべ。北海道83,456平方メートル。オーストリア83,870平方メートル。オランダ41,526平方メートル。

北海道の面積は、都道府県で1番大きく、8万3,456平方キロメートルです。これは日本全体の約22パーセントにあたります。世界の国と比べると、ヨーロッパにあるオーストリアと同じくらい、オランダの約2倍になります。ずいぶん大きいね。

ひらがなの読みをとばして次へ

ほっかいどうのめんせきは、とどうふけんで1ばんおおきく、8まん3,456へいほうキロメートルです。これはにほんぜんたいのやく22パーセントにあたります。せかいのくにとくらべると、ヨーロッパにあるオーストリアとおなじくらい、オランダのやく2ばいになります。ずいぶんおおきいね。

■人口密度(じんこうみつど)

【人口密度(じんこうみつど)くらべ】

人口密度くらべ。北海道67人。全国平均336人。東京都5,697人。

北海道の人口密度は、都道府県で1番少なく、1平方キロメートルあたり66人です。全国平均は北海道の約5倍、東京都はなんと約91倍にもなります(平成22年)。

ひらがなの読みをとばして次へ

ほっかいどうのじんこうみつどは、とどうふけんで1ばんすくなく、1へいほうキロメートルあたり66にんです。ぜんこくへいきんはほっかいどうのやく5ばい、とうきょうとはなんとやく91ばいにもなります(へいせい22ねん)。

※人口を面積でわり算した数を「人口密度」といいます。ある一定の面積に、どれくらいの人がいるかを表します。

ひらがなの読みをとばして次へ

※じんこうをめんせきでわりざんしたかずを「じんこうみつど」といいます。あるいってのめんせきに、どれくらいのひとがいるかをあらわします。

■観光客(かんこうきゃく)

【観光客の数(かんこうきゃくのかず)】

観光客の数

北海道には、道外から毎年たくさんの観光客がおとずれています。平成25年度には、1年間で680万人もの人が来ました。これは北海道の人口を上回る数です。最近では、世界各国から100万人を超える人たちが、北海道の豊かな自然や食べ物を楽しみに遊びに来てくれています。ずいぶんたくさんの人が来てくれているんですね。

ひらがなの読みをとばして次へ

ほっかいどうには、どうがいからまいとしたくさんのかんこうきゃくがおとずれています。へいせい25ねんどには、1ねんかんで680まんにんものひとがきました。これはほっかいどうのじんこうをうわまわるかずです。さいきんでは、せかいかっこくから100まんにんをこえるひとたちが、ほっかいどうのゆたかなしぜんやたべものをたのしみにあそびにきてくれています。ずいぶんたくさんのひとがあそびにきてくれたんですね。

■平均気温(へいきんきおん)

【1年間の平均気温(1ねんかんのへいきんきおん)くらべ】

1年間の平均気温くらべ。北海道9.5度、東京都16.4度、沖縄県23.4度。

北海道の1年間の平均気温は、都道府県で1番低く、9.8度です。1番高い沖縄県は23.1度で、その差は約13度にもなります(平成22年)。

ひらがなの読みをとばして次へ

ほっかいどうの1ねんかんのへいきんきおんは、とどうふけんで1ばんひくく、9.8どです。1ばんたかいおきなわけんは23.1どで、そのさはやく13どにもなります(へいせい22ねん)。

■北海道の高い山(ほっかいどうのたかいやま)

【高い山(たかいやま)ベスト3】

高い山ベスト3。1位、旭岳2,291メートル。2位、北鎮岳2,244メートル。3位、白雲岳2,230メートル。

北海道にある高い山の1位、2位、3位は、すべて北海道の中央にそびえる大雪山系にあります。大雪山の山なみは、約3万年前の噴火によってつくられました。

ひらがなの読みをとばして次へ

ほっかいどうにあるたかいやまの1い、2い、3いは、すべてほっかいどうのちゅうおうにそびえるたいせつさんけいにあります。たいせつざんのやまなみは、やく3まんねんまえのふんかによってつくられました。

■北海道の長い川(ほっかいどうのながいかわ)

【長い川(ながいかわ)ベスト3】

長い川ベスト3。1位、石狩川268メートル。2位、天塩川256メートル。3位、十勝川156メートル。

北海道で1番長い川は、大雪山系から流れ出し、石狩平野を通り、日本海に流れ込む石狩川です。2位は道北の天塩川、3位は十勝平野を流れる十勝川です。

ひらがなの読みをとばして次へ

ほっかいどうでいちばんながいかわは、たいせつさんけいからながれだし、いしかりへいやをとおり、にほんかいにながれこむいしかりがわです。2いはどうほくのてしおがわ、3いはとかちへいやをながれるとかちがわです。

■北海道の大きな湖(ほっかいどうのおおきなみずうみ)

【大きな湖(おおきなみずうみ)ベスト3】

大きな湖ベスト3。1位、サロマ湖151.8平方キロメートル。2位、屈斜路湖79.6平方キロメートル。支笏湖78.4平方キロメートル。

北海道には大きな湖がたくさんあります。1位がオホーツク海ぞいのサロマ湖、2位が屈斜路湖、3位が支笏湖です。

ひらがなの読みをとばして次へ

ほっかいどうにはおおきなみずうみがたくさんあります。1いがオホーツクかいぞいのサロマこ、2いがくっしゃろこ、3いがしこつこです。

■市町村の数(しちょうそんのかず)

北海道の市町村の数は、179(35市・129町・15村)あります。

ひらがなの読みをとばして次へ

ほっかいどうのしちょうそんのかずは、179(35し・129ちょう・15そん)あります。

ふむふむ北海道ホーム