スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 人事委員会事務局 > 総務審査課 >  不利益処分に関する審査請求


最終更新日:2016年11月18日(金)


不利益処分に関する審査請求


人事委員会ヘッダの図
トップ/  職員の採用/  職員の給与等/  公平審査等/  労働基準監督業務/  職員団体の登録/  その他


■ 不利益処分に関する審査請求 

 
1 「審査請求」について

    職員は、その意に反して懲戒その他の不利益な処分を受けた場合には、人事委員会に審査請求をすることができます(地方公務員法第49条の2)。

  審査請求があった場合、人事委員会は、その処分の違法性・不当性を審査して、裁決(処分取消し、処分修正又は請求棄却)を行い、必要がある場合には処分によって受けた不当な取扱いを是正するための措置を処分者に指示します。


地方公務員法

  (不利益処分に関する説明書の交付)

第49条 任命権者は、職員に対し、懲戒その他その意に反すると認める不利益な処分を行う場合においては、その際、その職員に対し処分の事由を記載した説明書を交付しなければならない。

2 職員は、その意に反して不利益な処分を受けたと思うときは、任命権者に対し処分の事由を記載した説明書の交付を請求することができる。

3 前項の規定による請求を受けた任命権者は、その日から15日以内に、同項の説明書を交付しなければならない。

4 第1項又は第2項の説明書には、当該処分につき、人事委員会又は公平委員会に対して審査請求をすることができる旨及び審査請求をすることができる期間を記載しなければならない。

(審査請求)

第49条の2

 前条第1項に規定する処分を受けた職員は、人事委員会又は公平委員会に対してのみ審査請求をすることができる。

2 前条第1項に規定する処分を除くほか、職員に対する処分については、審査請求をすることができない。職員がした申請に            

 対する不作為についても、同様とする。 

 第1項に規定する審査請求については、行政不服審査法第2章の規定を適用しない。

  (審査請求期間)

第49条の3 前条第1項に規定する審査請求は、処分があつたことを知つた日の翌日から起算して3月以内にしなければならず、処分があつた日の翌日から起算して1年を経過したときは、することができない。

  (審査及び審査の結果執るべき措置)

第50条 第49条の2第1項に規定する審査請求を受理したときは、人事委員会又は公平委員会は、直ちにその事案を審査しなければならない。この場合において、処分を受けた職員から請求があつたときは、口頭審理を行わなければならない。口頭審理は、その職員から請求があつたときは、公開して行わなければならない。

2 人事委員会又は公平委員会は、必要があると認めるときは、当該審査請求に対する裁決を除き、審査に関する事務の一部を委員又は事務局長に委任することができる。

3 人事委員会又は公平委員会は、第1項に規定する審査の結果に基いて、その処分を承認し、修正し、又は取り消し、及び必要がある場合においては、任命権者にその職員の受けるべきであつた給与その他の給付を回復するため必要で且つ適切な措置をさせる等その職員がその処分によつて受けた不当な取扱を是正するための指示をしなければならない。

  (審査請求の手続等)

第51条 審査請求の手続及び審査の結果執るべき措置に関し必要な事項は、人事委員会規則又は公平委員会規則で定めなければならない。

  (審査請求と訴訟との関係)

第51条の2 第49条第1項に規定する処分であつて人事委員会又は公平委員会に対して審査請求をすることができるものの取消

 しの訴えは、審査請求に対する人事委員会又は公平委員会の裁決を経た後でなければ、提起することができない。



2  「審査請求」の要件

(1)「職員」であること    

      一般職の職員であれば、常勤・非常勤を問いません。ただし、臨時職員や条件付採用期間中の職員は含まれません。

   退職した者など職員本人以外の者については、対象になりませんが、免職された職員については、当該免職処分を争う場合のみ対象になります。


(2)「職員の意に反する」不利益処分に関するものであること
  職員の意に反しない又は職員の同意の下に行われる免職、休職や降任については、該当しません。


(3)「不利益処分」に関するものであること
  「不利益があること」及び「処分性があること」が必要です。

    <不利益処分に該当するもの(例)>

      懲戒処分(免職、停職、減給、戒告)

      分限処分(免職、降任、休職、降給)

      その他の職員の意に反する不利益な処分

   <不利益処分に該当しないもの(例)>

    ○  職員の法律上の地位に影響を及ぼさないもの(訓告、厳重注意など)

    ○  欠勤に対する給与の減額

    ○  退職手当の額

    ○ 職員の意に沿わない昇給発令

  審査請求制度の概要(フロー図)(PDF39kb)


■ 北海道人事委員会事務局総務審査課
  〒060-8588
   札幌市中央区北3条西7丁目 道庁別館11階
   TEL(011)204-5652(直通)
   FAX(011)232-2709
   jinji.somu1@pref.hokkaido.lg.jp
   (迷惑メール対策のため「@」を全角にしています。メールの際は半角に置き換えてください。)