スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 施設運営指導課 >  3 有料老人ホームの利用料


最終更新日:2017年7月10日(月)


3 有料老人ホームの利用料


 

有料老人ホームとは?

有料老人ホームの入居手続き

有料老人ホームの利用料

有料老人ホーム選びの主なポイント

北海道有料老人ホーム運営指導指針について

(社)全国有料老人ホーム協会について

有料老人ホームに関する相談機関

有料老人ホームの設置を希望される方へ

有料老人ホームQ&A

有料老人ホーム名簿等

有料老人ホームの検査

有料老人ホームの自己点検

3 有料老人ホームの利用料


■利用料の主な内容

 有料老人ホームの建設費や運営費は、公的な補助が一切なく、すべて入居者の方々が負担する利用料によりまかなわれています。利用料の主な内容は次のとおりですが、その種類と金額は、施設ごとに異なります。

(1)家賃相当額:

 居室や共用設備を利用する権利を取得するための費用です。

(2)介護費用:

 介護保険制度による基準を上回る看護・介護職員の配置や個別の外出介助など、介護の充実や介護保険対象外の介護にかかる費用です。 

 ※「介護付」の施設で、施設が提供する介護保険サービスを利用する場合は、利用者一部負担が生じます。

(3)食   費:

 食事サービスの利用にかかる費用です。一般的には利用回数に応じて支払う場合が多くなっています。

(4)管 理 費:

 共用設備の維持費や事務職員等の人件費などに係る費用です。

(5)その他費用:

 買い物や行政手続の代行など、入居者の希望に応じたサービス等にかかる費用や、介護サービスに必要なおむつ代などの消耗品の実費です。


 ■利用料の支払い方法

(1)一時金方式:

 家賃相当額や介護費用の全部または一部を、入居時に「一時金」として支払い、終身にわたり施設で生活する権利(所有権ではありません)を取得する方式です。 なお、管理費や食費などの費用は一時金とは別に毎月支払う必要があります。

(2)月払い方式:

 「一時金」の支払はなく、一般の賃貸住宅と同様に家賃相当額や食費などの費用を月々支払う方式です。