スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 総務課 >  平成30年北海道胆振東部地震における住宅の応急修理について


最終更新日:2018年10月09日(火)

 

平成30年胆振東部地震により被災した住宅の応急修理について

平成30年胆振東部地震により被災した住宅の、日常生活に必要欠くことのできない部分の応急修理について、以下のとおり実施しています。希望される方については、お住まいの市町村にご相談ください。



1、対象者について

(1) 以下のすべての要件を満たす者(世帯)が対象となります。

 1、 今回の災害により、半壊又は大規模半壊の住家被害を受けたこと。

 2、 応急修理を行うことによって、避難所等への避難を要しなくなると見込まれること。

 3、 応急仮設住宅(民間賃貸住宅の借上げによるものを含む。)を利用しないこと

(2) 資力等の要件について

    半壊の住家被害を受け、自らの資力では応急修理をすることができない方が対象です。

    ※大規模半壊の方については、資力の有無は問いません。


2、応急修理の範囲について

屋根等の基本部分、ドア等の開口部、上下水道等の配管・配線、トイレ等の衛生設備の日常生活に必要欠くことのできない部分が対象です。

 ・ 地震の被害と直接関係のある修理のみが対象です。

 ・ 内装に関するものは原則対象外です。

 ・ 家電製品は対象外です。


3、基準額

1世帯あたりの限度額は、584,000円以内です。


4、お申込・お問い合わせ先

お申込や詳細のお問い合わせについては、お住まいの市町村にお問い合わせください。


このページに関するお問い合わせ
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
電話番号:011-204-5242
FAX番号:011-232-8368
メールアドレス:hofuku.somu2@pref.hokkaido.lg.jp