スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 障がい者保健福祉課 >  北海道てんかん地域診療連携体制整備事業


最終更新日:2020年4月21日(火)

北海道てんかん地域診療連携体制整備事業

 本道のてんかん診療については、てんかんを専門とする医師が不足し、日本てんかん学会の専門医以外の多くの医師が診療にあたっているほか、専門医が札幌市や旭川市に集中していることから、患者がてんかんの専門医に必ずしも結びついていないことや、専門医治療が必要となる場合の受診方法や診療レベルに格差があることが課題となっております。

 道では平成30年(2018年)3月に策定した「北海道医療計画」に、施策を講じる精神疾患のひとつとして「てんかん」を明記したところですが、関係機関との連携・調整を図り、関係機関の医師等への助言や地域におけるてんかんに関する普及啓発等を行い、てんかん治療における連携体制の整備を目的とした「てんかん地域診療連携体制整備事業」を実施するため、令和元年(2019年)12月13日に札幌医科大学附属病院をてんかん診療拠点機関として選定し、事業を進めています。

tenkan

このページに関するお問い合わせ
〒060-8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
北海道保健福祉部福祉局障がい者保健福祉課精神保健医療係
電話番号:011-204-5279
FAX番号:011-232-4068