スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 障がい者保健福祉課 >  職場実習推進事業のページ


最終更新日:2017年5月23日(火)

道の職場に障がい者の実習生を受け入れています!
(障がい者職場実習推進事業)

 

目的

 道の職場に障がい者を職場実習として受け入れ、就業体験の機会を提供することにより、一般就労に向けた社会人としてのマナーや教養、職業能力の向上を支援するとともに、道民の障がい者雇用に対する関心と理解を深めることを目的に実施しています。

 

実施対象者

(1) 道内に在住する身体障がい者、知的障がい者又は精神障がい者であって、身体障害者手帳、療育
  手帳又は精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者又はこれに準ずる程度であると道が認める
  者。

(2) 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく指定障害福祉サービス等
  のうち、就労移行支援事業、就労継続支援事業(以下「就労支援事業」という。)を利用しており、事務補
  助作業を中心とした実習に適応するための訓練を受けていること。
   若しくは、北海道障害者職業センター、又は障害者就業・生活支援センター、発達障害者支援センター
  及びこれらに準ずると道が認める支援機関(以下「支援機関」という。)において、実習に必要な職業準備
  訓練等を受けている者であること。

(3) 原則として、基本的生活習慣をはじめとした身辺の自立が確立されており、将来、企業等での就労を
  目指す意欲を有していること。

(4) 単独での通勤が可能であること。

(5) 精神障がい者にあっては、病状がおおむね安定していること。

 

実習内容

 実習生の障がいの程度や受入先における所管業務等を勘案して、受入先の所属長が実習生の健康と安全に配慮の上、決定します。

 

実習の受入場所

 北海道本庁舎及び各総合振興局(振興局)

 

申込方法

 就労移行支援事業所、就労継続支援事業所、北海道障害者職業センター、障害者就業・生活支援センター、発達障害者支援センターよりお申込みください。

 

実施要綱

 ・ 平成29年度障がい者職場実習推進事業実施要綱

 ・ 別記第1号様式 「平成29年度障がい者職場実習推進事業実施申込書」

 ・ 別記第2号様式 「平成29年度障がい者職場実習推進事業実施承認通知書」

 ・ 別記第3号様式 「道の職場での職場実習の実施に関する覚書」

 ・ 実施通知 「平成29年度障がい者職場実習推進事業の実施について」(H29.5.16付け障福第703号)