スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 障がい者保健福祉課 >  失語症者向け意思疎通支援者養成研修を実施します


最終更新日:2020年9月29日(火)

 
失語症者向け意思疎通支援者養成研修を実施します

 道では失語症者の意思疎通を支援するため、失語症者向け意思疎通支援者養成研修を令和2年度(2020年度)から実施することといたしました。   

 今年度の支援者養成研修を次のとおり実施します。

 

○ 実施主体

  北海道及び札幌市

(委託先:一般社団法人北海道言語聴覚士会)

 

○ 日程等

  令和2年(2020年)1017日~1212日(土)

  全8回 40時間

 

○ 会場

  札幌市身体障害者福祉センター他

 

○ 受講対象者および定員

  失語症者の福祉に理解と熱意があり、次の要件を備えている方

  ・令和2年(2020年)41日現在、18歳以上の方

  ・講習会を終了後、失語症者向け意思疎通支援等の活動ができる方

 

 詳しくは北海道言語聴覚士会ホームページのトップページhttp://www.st st-hokkaido.jp jp)の「失語症者向け意思疎通支援者養成事業特設ページ(https://bit.ly/35PeVGJ 35PeVGJ)をご覧ください。

           

 

失語症とは…

 脳卒中などにより、脳の言語中枢が損傷され、それまで自由に使っていた「聞く」「話す」「読む」「書く」という言葉の機能が低下してしまう障がいです。知的機能や状況の判断力、時間や場所の記憶に関する能力は失われていませんが、脳の損傷部位によって症状や重症度も人によって異なります。中には運動麻痺を伴っている方も多くいらっしゃいます。

 

お問い合わせ

 北海道 保健福祉部 福祉局 障がい者保健福祉課 社会参加係
 電話:011-231-4111(内線25-730)