スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 障がい者保健福祉課 >  H29高次脳機能障がい者支援事業委託事業プロポーザル


最終更新日:2017年2月23日(木)



 

                  「高次脳機能障がい者支援事業(リハビリ提供・地域生活支援事業)委託業務」

公募型プロポーザルの実施について

 

 

                           平成29年2月23日

                            保健福祉部福祉局障がい者保健福祉課

 

 障がい者保健福祉課では、平成29年2月23日に高次脳機能障がい者支援事業(リハビリ提供・地域生活支援事業)委託業務に係る公募型プロポーザルを実施する旨、公告しました。

 

 

○ 業 務 名  平成29年度「高次脳機能障がい者支援事業(リハビリ提供・地域生活支援事業)

 委託業務」

 

○ 業務内容  高次脳機能障がい者やその家族のおかれている環境は、突然の受傷・発症によって生活環境が変化し、様々な問題が表出した状態となっており、その相談内容は、個々によって多様化し、かつ複雑化した問題を有している。このため、国が示した「標準的社会復帰・生活・介護支援プログラム」を踏まえ、次の「就労・就学」、「授産」、「在宅生活」の3区分に分けた委託業務とする。

就学(準備)・就労(準備)支援事業】

          就学あるいは復学、就労あるいは復職を希望されている方に対して、関係機関との連携を図り、就学支援、就労支援を実施し、就学支援ネットワーク・就労支援ネットワークを構築するとともに、そのノウハウを道内に普及啓発する他、道内の支援者にスーパーバイズする。

【授産事業所利用支援事業】

            授産事業所を利用している方若しくは利用しようとしている方に対し、関係機関と連携を図り、その利用調整や支援等を実施し、授産利用支援ネットワークを構築するとともに、そのノウハウを道内に普及啓発する他、道内の支援者や授産事業所にスーパーバイズする。

【在宅生活支援事業】

            地域で生活をする上でのニーズを把握し、生活環境を整えるため、関係機関との連携を図り、在宅生活支援を実施し、在宅生活支援ネットワークを構築するとともに、そのノウハウを道内に普及啓発する他、道内の支援者にスーパーバイズする。

 

○ 応募方法 公告文に規定する応募資格をお持ちで、応募を希望される方は、参加表明書及び

        必要な添付書類をご提出ください。

 

○ 参加表明書 提出期限:平成29年3月2日(木)午後5時まで

        詳しくは、下記資料をご確認ください。   

 

○ 資料

 公告文

  PDF形式

 

 企画提案説明書

  PDF形式

 企画指示書

   PDF形式

 参加表明書(様式)

  PDF形式  Word形式

 参加表明作成要領

  PDF形式

 

 

 

○ 契約締結までの主なスケジュール予定

 

 月23日(木)

 応募書類等の交付開始

  

 月 2日(木)

 参加表明書提出期限

 3月10日(金)

 企画提案書提出期限

 3月16日(木)

 プロポーザル審査会

 3月30日(木)

契約締結

 4月 1日(土)

業務開始

 

※ 日程については、変更になることがありますので、その都度ご確認ください。

 

《お問い合わせ》

  〒060-8588

  札幌市中央区北3条西6丁目

  北海道保健福祉部福祉局障がい者保健福祉課(道庁6階)

  精神保健グループ 担当:菊地

  電話 011-231-4111 (内線25-737)

          011-204-5279 (ダイヤルイン)