スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 障がい者保健福祉課 >  障がい者の一般就労を支える人材の育成について


最終更新日:2017年6月07日(水)

障がい者の一般就労を支える人材の育成について

 

自己評価制度

 就労移行支援事業所等が自己評価により自らの業務を客観的に評価し見直すことで、就労支援サービス充実のために必要な取組を認識し改善することを目的として、自己評価制度が創設されました。

就労移行支援事業所等における自己評価及び研修体系の在り方検討ワーキンググループについて

 

 (1)北海道就労移行支援事業所等自己評価の運用について

 (2)就労移行支援事業所等自己評価シート記載要領

 (3)自己評価シートの評価のポイント

 (4)就労移行支援事業所等自己評価シート(事業所概要)

 (5)就労移行支援事業所等自己評価シート(自己評価)

 (6)就労移行支援事業所等自己評価シート(提出フォーマット)

 

  ◆自己評価結果(事業所概要・平成28年度実施分)

 

障がい者就労支援研修情報の公開

  障がい者のある人の就労支援に関する研修情報を公開しています。また、自己評価結果から判明した、対応が不足している部分をテーマとした研修の実施について関係機関に働きかけを行います。

 (1)研修情報調査シート

 

  ◆障がい者就労支援に関する研修情報(平成29年度実施分)

 

お問い合わせ先

  北海道 保健福祉部 福祉局 障がい者保健福祉課 社会参加グループ

  TEL 011-231-4111(内線25-730)  FAX 011-232-4068