スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 障がい者保健福祉課 >  ヘルプマーク・ヘルプカード


最終更新日:2017年10月17日(火)

ヘルプマーク・ヘルプカードについて

北海道では、平成29年度からヘルプマーク及びヘルプカードを導入することとしました。

*札幌市は独自の取組を行っていますので、札幌市にお住まいの方は下記のホームページをご覧ください。

http://www.city.sapporo.jp/shogaifukushi/sabetukaishou/helpmark/helpmark.html

 

ヘルプマークとは

義足や人工関節を使用している方、内部障がいや難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。

ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、電車・バス内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動をお願いします。

ヘルプマーク(写真)

対象者

義足や人工関節を使用している方、身体障がい、精神障がい、知的障がい、発達障がい、内部障がいの方、難病の方、妊娠初期の方など、外見からは援助や配慮を必要としていることがわかりづらい方

 

ヘルプカード

障がいがある人などの中には、自分から「困った」となかなか伝えられない人がいます。支援が必要なのに、「コミュニケーションの障がいのためうまく伝えられない」、「困っていることを自覚していない」人もいます。特に、災害時には、困りごとが増えることが想定されます。

「ヘルプカード」は、そういった障がいのある方などが困ったときに助けを求めるためのものです。「手助けが必要な人」と「手助けできる人」を結ぶカードです。

ヘルプカード

対象者

周囲から助けが必要なときにヘルプカードを活用したい方

配布について

(1)ヘルプマーク

  北海道では10月中旬から、各市町村の窓口において道民の皆様への配布が始まる予定です。

 詳細な日付けが決まりました、このホームページでお知らせします。

 なお、配布に当たっては、障がい者手帳や、住民票の写し、マイナンバーなどは不要ですが、氏名、年齢や配慮を要する主な理由などについて、申込書に記入していただくこととしています。

(2)ヘルプカード

   北海道では10月中旬から、各市町村の窓口において道民の皆様への配布が始まる予定です

  また、ヘルプカードは、下記のファイルをダウンロードしご自身で印刷し活用することもできます。

 ヘルプカードの様式はこちら

 ヘルプカード(るび版)の様式はこちら

 

このページに関するお問い合わせ
〒060ー8588 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
電話番号:011-231-4111(内線25-726)
FAX番号:011-232-4068
メールアドレス:hofuku.shohuku1@pref.hokkaido.lg.jp