スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 障がい者保健福祉課 >  お子さんの「きこえ」の手引き


最終更新日:2021年4月01日(木)

お子さんの「きこえ」の手引き

   ~「新生児聴覚検査」から「療育」までを遅滞なく円滑に実施するための手引き ~

道では、令和3年(2021年)3月に、「『新生児聴覚検査』から『療育』までを遅滞なく円滑に実施するための手引き」として、「お子さんの『きこえ』の手引き」を策定しました。

子どもの難聴は、できるだけ早期に気づいて適切な支援をすることが、言語の発達、コミュニケーションの形成、社会性の発達等のために重要です。

この手引きでは、難聴を早期に発見して療育までをお遅滞なく円滑に実施するため、支援の流れや各機関の役割を示しています。

子どもに関わる医療機関、療育機関、保健機関等の皆様には、本手引きを参考にしていただき、各機関が連携して、難聴児とその保護者の方々へ支援を行ってください。


■ 手引きのダウンロード

  ・ 本編(PDF 2,548KB 全56ページ)

  ・ 保護者向けリーフレット(PDF 1,694KB) 両面印刷、三つ折りにしてご利用ください。

     保護者向けリーフレットの表紙

このページに関するお問い合わせ
北海道保健福祉部福祉局障がい者保健福祉課 発達支援係
電話番号:011-231-4111(代表) 内線25-725
メールアドレス:hofuku.shohuku1☆pref.hokkaido.lg.jp 
         (メールを送る際は☆を@に変えてください。)