スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 障がい者保健福祉課 >  ギャンブル問題でお困りのあなたへ…


最終更新日:2017年10月24日(火)

ギャンブル問題でお困りのあなたへ…

ギャンブル等依存症とは…

 ギャンブルに没頭することで、快感が得られたり、不快な気分から逃れることができ、それが習慣化するうちに
コントロールできなくなった状態です。

"ギャンブルにはまってしまう"
"酔いつぶれるまで飲んでしまう"
"買い物し出すと止まらない"

…人間にはしばしばこういうことがあります。

 このように、ある習慣が自分には良くないものだとわかっていてもコントロールできず、脱けだせない状態
依存症ですが、アルコール、薬物の「物質依存」や、ギャンブル、買い物等の「行為依存」を含めて、広くアディク
ション(嗜癖)といいます。

見えなかった生きづらさから
解放されるために

あなた自身のために

できることから始めてみませんか

10の質問


1.ギャンブルの事を考えて仕事が手につかなくなることがある。
2.自由なお金があると、まず第一にギャンブルのことが頭に浮かぶ。
3.ギャンブルに行けないことでいらいらしたり、怒りっぽくなることがある。
4.一文なしになるまでギャンブルをし続けることがある。
5.ギャンブルを減らそう、止めようと努力してみたが、結局だめだった。
6.家族に嘘を言って、ギャンブルをやることがしばしばある。
7.ギャンブル場に、知り合いや友人はいない方が良い。
8.20万円以上の借金を5回以上したことがある、あるいは総額50万円以上の借金をしたことが
 あるのにギャンブルを続けている。
9.支払い予定のお金を流用したり、財産を勝手に換金してギャンブルに当て込んだことがある。
10.家族に泣かれたり、固く約束させられたことが2度以上ある。

5コ以上当てはまる人は、ギャンブル依存症の可能性が極めて高いです。ぜひ早期治療を。
病気だから治すことができます。

3コ以上当てはまる人は、ギャンブルの楽しみ方を今一度見直してみましょう。

相談のごあんない

〇北海道立精神保健福祉センター
  【個別相談】(要予約)
  月曜日から金曜日 8:45~17:30
  ※お電話でご予約ください。

  ☎(011)864-7000(相談研究部)

  相談は、精神科医師・精神保健福祉士・心理職・保健師等が担当します。
  診療の扱いとなりますので健康保険証をご持参ください。

  【ギャンブル研究会(通称:G研)】
   ”ギャンブルを止めたい”と思っているのに止められない人と、その回復を手助けする者とでミーティングを
  行っています。
   参加を希望される方は、まず個別相談にお越しください。ご相談の中でご案内します。

  ◎ 北海道立精神保健福祉センターは、札幌市民以外の道民の方々を対象として相談をお受けしています。
    札幌市民の方は札幌こころのセンター(札幌市精神保健福祉センター)の相談をご利用ください。
    ☎(011)622-0556(札幌こころのセンター)

〇各道立保健所
  相談は精神科医・保健師等が担当します。
  ※ 医師による相談は予約制ですので、事前にお電話等でご連絡ください。

名称 電話番号 名称 電話番号
渡島保健所 0138-47-9548(直通) 江差保健所 0139-52-1053(代表)
八雲保健所 0137-63-2168(代表) 江別保健所 011-383-2111(代表)
千歳保健所 0123-23-3175(代表) 倶知安保健所 0136-23-1957(直通)
岩内保健所 0135-62-1537(代表) 岩見沢保健所 0126-20-0122(直通)
滝川保健所 0125-24-6201(代表) 深川保健所 0164-22-1421(代表)
室蘭保健所 0143-24-9846(直通) 苫小牧保健所 0144-34-4168(代表)
浦河保健所 0146-22-3071(代表) 静内保健所 0146-42-0251(代表)
上川保健所 0166-46-5992(直通) 名寄保健所 01654-3-3121(代表)
富良野保健所 0167-23-3161(代表) 留萌保健所 0164-42-8327(直通)
稚内保健所 0162-33-3704(直通) 北見保健所 0157-24-4171(代表)
網走保健所 0152-41-0697(直通) 紋別保健所 0158-23-3108(代表)
帯広保健所 0155-21-9110(直通) 釧路保健所 0154-65-5825(直通)
根室保健所 0153-23-5161(代表) 中標津保健所 0153-72-2168(代表)

  ◎ 次の市にお住まいの方は、それぞれの市の相談窓口をご利用ください。
    ・札幌市 ☎(011)622-0556(札幌こころのセンター)
    ・函館市 ☎(0138)21-3077(函館市保健福祉部障がい保健福祉課)
    ・小樽市 ☎(0134)22-3110(小樽市保健所)
    ・旭川市 ☎(0166)25-6364(旭川市保健所)

ギャンブル等依存症の自助グループ・家族の会・回復支援施設について

〇自助グループ
  当事者が自分たちの回復のために、当事者同士で互いに助け合い、サポートしあうグループ活動です。
  ギャンブルを止めるには、自助グループに通うことは大きな支えになります。世界的なGA(ギャンブラーズ
 アノニマス)があります。

〇家族の会
  ギャンブル依存症は、本人だけでなく、家族の精神的、身体的健康も知らず知らずのうちにむしばんでいきます。
  家族の会は、家族が互いに話をしたり、情報を交換することで、つらい時期を乗り切る支えになっています。
  ギャマノン(GAの家族)等のグループがあります。

〇回復支援施設
  アルコール・薬物・ギャンブルを必要としない生活ができるよう、共同生活を通じた規律ある生活を送り、
 社会復帰を目指す宿泊型自律訓練施設です。

※ 自助グループ、家族の会、回復支援施設についての情報は北海道立精神保健福祉センター
  (TEL:011-864-7000)、または、最寄りの道立保健所にお問い合わせください。


(北海道立精神保健福祉センター発行リーフレット「ギャンブル依存相談のごあんない」より引用)