スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 紋別高等看護学院 >  教育課程の概要


最終更新日:2016年1月25日(月)


教育課程の概要


教 育 課 程 の 概 要

設置目的
  保健師助産師看護師法に基づき、看護師として必要な専門的な知識及び技能を取得させるとともに、その特性を養い医療及び公衆衛生の普及向上に寄与する。

教育理念
  本学院は、人と人との関係の中で自己を養い、自他ともに価値ある存在として個人を尊重し、公共の福祉に参加できる人材を育成する。本学院は看護を「より良い健康状態を目指してその人のもっている力を最大限に発揮できるように生活過程を整えることである」ととらえている。
同時に、社会の変化に対応できるよう専門的な知識と技術を高め、看護倫理に基づいた態度を育成する。保健医療福祉等に携わる人と協働し、いついかなるときも人々の健康のために貢献できる看護実践者を育成することをめざす。
  そのために、あらゆる学習経験のなかで学生個人のもっている資質が引きだされ、豊かな感情体験のなかで人を愛し、相互に価値観を受け入れ、理解しあう体験を大切にする。
 教育に携わる者はあらゆる学習環境を整え、自らも学習者として研鑽し、協力して学生を支援する。

教育目的
  「豊かな人間性を養い、人間理解を基盤として社会の変化に対応できる看護の専門職業人を育成する」


教育目標(卒業時の特性)
1 人間は認識を持つ有機体で社会関係の中でつくりつくられる諸過程の統一体であり、多様なあり方をもつ存在として理解する。
2 人間の健康と生活を環境との相互作用の観点から理解する。
3 対象特性を把握し、三重の関心を注ぎながらその人にあった看護ができる能力と、自己の看護実践を看護の本質に照らして評価し発展させる能力を養う。
4 生命倫理と看護倫理に基づき専門職業人として自覚と責任をもち、看護者として自己を成長させるための学習を継続できる基盤を養う。
5 人々の健康の向上をはかるため、看護の専門職として他の職種と協働していく能力を養う。

 

本学院の概要

○課程等/看護師3年課程 ○修業年限/3年  ○入学定員30人 ○総定員90人

○卒業後の取得資格
  1 看護師国家試験の受験資格
  2 保健師・助産師・養護教諭養成機関の受験資格
  3 専門士(医療専門課程)

教育課程(カリキュラム)