スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 向陽学院 >  向陽学院の概要


最終更新日:2015年11月02日(月)

 
向陽学院の概要

 向陽学院は、児童福祉法第44条に基づいて北海道が設置している児童福祉施設(児童自立支援施設)で、不良行為をなし、又はなすおそれのある児童及び家庭環境その他の環境上の理由により生活指導などを要する児童を入所させ、個々の児童の状況に応じて必要な指導を行い、その自立を支援することを目的としています。
 当学院は女子のみを対象としており、児童は、野幌原始林に囲まれた豊かな自然環境のもとで心身を鍛え、「三つの誓い」を生活目標に社会への自立に向けた準備をしています。

三つの誓い
     ☆ 私たちは生命を大切にする人になろう
     ☆ 私たちはよき社会人になろう
     ☆ 私たちはよき母親になろう

 

◆支援指針
  1 生活支援
           集団生活を通して規範を学ばせ、基本的生活習慣を習得させる。
  2 学習支援
      基礎学力の向上を図りながら、自主的な学習態度を習得させる。
    3 作業支援
        農作業等を通して、育てる喜びや根気強さを育成する。

◆児童定員 
    女子48名

◆建物の構造等
     (本  館) RC2階建         1,377平方メートル
     (体育館) 鉄骨造                 612平方メートル
     (寮  舎) RC平屋建             300平方メートル×4寮
                   敷地面積   101,970平方メートル

◆入所について
  当学院への入所については、お近くの児童相談所へご相談ください。
  児童相談所において、相談のあった児童について必要な調査や面接を行い、入所の可否を決定します。