スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 地域保健課 >  特定健診・特定保健指導に関すること


最終更新日:2017年10月04日(水)


特定健診・特定保健指導に関すること


特定健診・特定保健指導に関すること

  

 

特定健診では、メタボリックシンドローム*に重点をおいた検査を行い、

リスクの高い人に生活習慣の改善指導を行うことで、生活習慣病を予防します。
 生活習慣病は、自覚症状のないことが多いため、

自分では気付かないうちに進行し、心筋梗塞や脳卒中などの発症につながることもあります。


 普段の生活習慣を見直すきっかけにもなりますので、

40歳になったら毎年1回、特定健診を受けましょう!

メタボリックシンドロームとは
~おなかの内臓のまわりに脂肪がたまる内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、血圧高値、脂質異常のうち、いずれか2つ以上をあわせもった状態

 


 

目次(選択すると該当部分まで飛びます)

 ・40歳~74歳の方が対象です!

 ・協会けんぽ北海道支部との協定の締結について


40歳~74歳の方が対象です!   

 特定健診は、40歳から74歳までの方が対象です。

 普段の生活習慣を見直すきっかけにもなりますので、40歳になったら毎年1回、特定健診を受けましょう!

 詳しくはお住まいの市町村か職場の健康管理担当者におたずねください。


□協会けんぽ北海道支部との協定の締結について   

 北海道は、平成27年3月18日、北海道と全国健康保険協会北海道支部(通称協会けんぽ北海道支部)は、「北海道民の健康づくりの推進に向けた連携に関する協定」を締結しました。

 協会けんぽ北海道支部は、健康保険法において保険者として位置づけられており、主に加入者(全道170万人以上)を対象として保健事業を実施しています。

 今後は、双方が協力して、健康づくりに関する広報・啓発や特定健診の受診率向上など、道民の健康的な生活の実現に向けて取り組みます。
  
 

○協力・連携事項

  ・健康づくりに係る広報、周知、啓発等に関すること
 ・特定健診や医療費等の情報調査、分析及びその活用に関すること
 ・特定健診受診率及び特定保健指導実施率等の向上に関すること
 ・健康づくりに係る情報等の共有に関すること など

○協定書                                                              北海道民の健康づくりの推進に向けた連携に関する協定書

○リンク先                                                              協会けんぽ北海道支部

〇協定締結時の様子

1 

      

               

 


 

 ○  このページに関するお問い合わせ先は・・・・・・・・・・

    〒060-8588

    札幌市中央区北3条西6丁目

    北海道保健福祉部健康安全局地域保健課がん対策・健康づくりグループ

     電話 011-231-4111  (内線25-528)

     FAX  011-232-2013