スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 地域保健課 >  指定医・指定医療機関(難病・小児慢性)申請について


最終更新日:2016年6月14日(火)


指定医・指定医療機関(難病・小児慢性)申請について


   難病及び小児慢性特定疾病の新たな医療費助成
 制度に係る指定医及び指定医療機関について

 

国の社会保障制度改革の一環として、「難病」及び「小児慢性特定疾病」に係る「難病の患者に対する医療等に関する法律」及び「児童福祉法の一部を改正する法律」が平成26年5月に制定され、新制度(平成27年1月1日施行)では指定医及び指定医療機関の指定申請が必要になります。

現在、受診されている特定疾患患者及び小児慢性特定疾患児童の方が平成27年1月1日以降も引き続き、医療費の助成を受けられるよう、指定医及び指定医療機関の申請について、手続きをされるようお願いいたします。

 

 【指定医】

 

支給認定の申請に添付する診断書は、「指定医」が作成することになります。5年ごとの更新を要します。

 

 

 

 

 

 指定難病

小児慢性特定疾病

 指定要件
 

1)難病指定医
 
(新規及び更新申請に係る診断書の作成が可能)

 診断又は治療に5年以上従事した医師のうち専門医の資格を有する者又は都道府県知事が行う研修を修了した者。

2)協力難病指定医
(更新の支給認定申請に係る診断書のみ作成が可能)

   診断又は治療に5年以上従事した医師のうち更新申請に係る診断書の作成に必要な知識・技能を有する者であり、都道府県知事が行う研修を修了した者。

指定医

 診断又は診断又は治療に5年以上従事した医師のうち「専門医」の資格を資格を有する者又は都道府県知事が行う研修を修了した」者。

※経過的特例
 平成29年3月31日までの間に限り、診断又は治療に5年以上従事した医師であって、指定難病(小児慢性特定疾病の場合は小児慢性特定疾病)の診断又は治療の従事経験者を難病指定医(小児慢性特定疾病の場合は指定医)に指定することが可能です。この場合、平成29年3月31日までに指定医に係る研修の受講が必要です。

 申請書類

1.指定医指定申請書    (記載例) 

2.経歴書(様式第2号) 
※5年以上の実務経験を確認できる任意様式も可

3.医師免許証の写し

4-1.(難病指定医の場合)
専門医に認定されていることを証明する書類  (写し可)
又は難
病指定医の研修修了を証明する書類  (写し可)

4-2.(協力難病指定医の場合)
協力難病指定医の研修修了を証明する書類  (写し可)
   

5.申請事項に変更があった場合 変更届

6.更新するとき 更新申請書

7.指定を辞退する場合 辞退届

1.小児慢性特定疾病指定医指定申請書 (記載例)

2.経歴書(様式第2号)
5年以上の実務経験を確認できる任意様式も可

3.医師免許証の写し

4.専門医に認定されていることを証明する書類(写し可)
又は指定医の研修修了を証明する書類(写し
可)

 

 

 

5.申請事項に変更があった場合 変更届

6.更新するとき 更新申請書

7.指定を辞退する場合 辞退届

申請書   提出先

 

 【注意】    それぞれで提出先が異なります。 

 診断書(医療意見書)の作成を行う医療機関の
所在地

1.札幌市、旭川市、函館市及び小樽市
 ~ 北海道保健福祉部健康安全局地域保健課

 
2.上記以外
 ~ 医療機関の所在地を管轄する道立保健所

 診断書(医療意見書)の作成を行う医療機関の所在地

1.札幌市、旭川市及び函館市
   ~ 医療機関の所在地を管轄する市
   ※ 申請方法は、各市へお問い合わせくだ
          さい。

2.小樽市 
 ~ 北海道保健福祉部健康安全局地域保健課

3.上記以外
 ~ 医療機関の所在地を管轄する道立保健所

 

※ 指定医研修のお知らせ(難病及び小児慢性特定疾病) 

     平成28年度の第1回指定医研修(6月5日)は終了しました。

 第2回指定医研修は11月20日(日)に「かでる2.7(札幌市)」で開催予定です。

 詳細については、10月上旬に、ホームページにてご案内予定です。

 なお、11月20日開催が今年度最後の指定医研修となります。

 

※ 質疑応答 

 

※ 研修受講が必要な「難病指定医」「協力難病指定医」の更新手続きについて 

 

※ 関係通知  「難病の新たな医療費助成制度における指定医の申請手続について

          「小児慢性特定疾病の新たな医療費助成制度における指定医の申請手続について」 

※ 指定通知等について

・指定後、主たる勤務先の医療機関あてに指定通知書を送付します。

・指定した内容について、氏名及び主たる勤務先の医療機関名等を北海道のホームページ等により公表します。

 

指定難病の指定医(平成28年6月10日付け指定分まで)

       ・小児慢性特定疾病の指定医(平成28年3月4日付け指定分まで)

※ 指定医は、支給認定の申請書に添付する診断書を作成いただくとともに、その情報について今後稼働予定
 の難病患者登録データベース又は小児慢性特定疾病の登録管理システムへの登録を行っていただく予定です。
                           

 

 指定医療機関】        

  指定難病 ~ 指定難病患者への特定医療は、指定医療機関が提供。 6年ごとの更新を要します。 

  小児慢性特定疾病 ~ 小児慢性特定疾病児童等への小児慢性特定疾病医療支援は、指定小児
                慢性特定疾病医療機関が提供。
6年ごとの更新を要します。 
                       
         
  

 

 

 指定難病

小児慢性特定疾病

 指定要件

 以下の医療機関であること。

 保険医療機関  

 保険薬局        

 健康保険法に規定する指訪問看護事業者            

 介護保険法に規定する指居宅サービス事業者 (訪問看護事業者に限る)

 介護保険法 に規定する指介護予防サービス事業者(介護予防訪問看護事業者に限る)

 「難病の患者に対する医療等に関する法律」第14条第2項で定める欠格事項に該当していないこと。

 以下の医療機関であること。

 保険医療機関  

 保険薬局        

 健康保険法に規定する指訪問看護事業者            

 「児童福祉法」第19条の9第2項で定める欠格事項に該当していないこと。

  

 申請書類

                  指定医療機関指定申請書     (記載例)    

                  指定医療機関変更届出書 (申請事項に変更があった場合)

                  指定医療機関更新申請書 (更新する場合)        

 

 申請書   提出先

【注意】  それぞれで提出先が異なります。 

  医療機関の所在地

1.札幌市、旭川市、函館市及び小樽市
 ~ 北海道保健福祉部健康安全局地域保健課

2.上記以外
 ~ 医療機関の所在地を管轄する道立保健所

  医療機関の所在地

1.札幌市、旭川市及び函館市
   ~ 医療機関の所在地を管轄する市
   ※ 申請方法は、各市へお問い合わせくだ
    さい。

2.小樽市 
 ~ 北海道保健福祉部健康安全局地域保健課

3.上記以外
 ~ 医療機関の所在地を管轄する道立保健所

 ※ 関係通知 「新たな難病医療費助成制度及び小児慢性特定疾病医療費助成制度における指定医療機関の申請手続について」

 ※ 指定通知等について
   ・指定後、申請者あてに指定通知書を送付します。
   ・指定を行った医療機関の名称、所在地等を北海道のホームページ等により公表します。

   ・指定医療機関(平成28年3月25日付け指定分まで)

※ 指定難病へ移行しない疾患(スモン、劇症肝炎及び重症急性膵炎)及び道単独事業の対象疾患に係る特定
 疾患治療研究費の支給に当たって必要となるため、委託契約は継続します。

 

【参考】  道内の保健所(保健センター)一覧(PDF)

北海道 保健福祉部 健康安全局         地域保健課 感染症・特定疾患グループ

 電話:011-231-4111
 内線:25-520、521、522、523

 FAX : 011-232-2013