ウイルス性肝炎進行防止対策


精密検査費助成事業


について

 

1 目 的

  B型、C型の肝炎ウイルスの保有者を早期に発見し、早期

 治療に結びつけるため、医療機関における初回の精密検査費

 用を助成します。

 

                                                               

 

2 対象者 

  次の(1)から(3)のすべてに該当する方。

(1)道内に住所がある方

(2)市町村、保健所が実施する検診などでB型又はC型肝炎

   ルス検診の結果が陽性と判定された方

(3)健康保険に加入されている方、又は老人保健の対象とな

   っている方(道老、市老などを含む)

  ※ 詳しくは、実施要綱を確認してください。

 

                                           

 

3 対象となる費用

  ウイルスの保有状況を確認するために行った次の費用。

  ただし、保険適用となる費用のみです。

(1)初診(再診)料

(2)検査料(次のとおり)

  ア.肝炎ウイルス検査(HBe抗原、HBe抗体、HBV量、HCH量、

   HCVのタイプなど)

  イ.生化学検査(AST(GOT)、ALT(GPT)、ZTTなど)

  ウ.末梢血液一般検査(血小板数

 

                                           

 

4 請求について

(1)精密検査受診から請求までの流れ

 1 検診などを実施した市町村、保健所又は医療機関から、

  などの結果を記載した文書のほかに、「ウイルス性肝

  炎進行防止対策精密検査費助成費請求書(以下、「請求書」)」

  を受け取ります。

 2 検診等の結果を記載した文書を医療機関に提示の上、精

  検査を受けます。

 3 医療保険適用後の自己負担額を、医療機関の窓口で支払

  い、領収書を受け取ります。

 4 「請求書」に検診等の結果を記載した文書の写しと医療

  関が発行した領収書を添付し、お住まいの住所地を担当

  保健所(札幌市にお住まいの方は各区保健センター)

  提出してください。

 

(2)請求できる期間

  医療機関へ費用を支払った日から1年以内とします。

 

(3)留意事項

 1 検診等の結果を記載した文書を添付できない場合は、

  請求書」の「健康診査実施者の証明欄」に医療機関、市

  町村又は保健所の証明を受けてださい。

 2 医療機関の発行した領収書を添付できない場合は、「請

  求書」の「医療機関の証明欄」に医療機関の証明を受けて

  ください。

  

 3 医療機関によっては、証明に係る費用(文書料)を請求

  される場合がありますが、その費用はご本人の負担となり

  ます。

        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

       フロー図を参照してください。

 

                                                                  

 

5 参考資料

(1)ウイルス性肝炎進行防止対策精密検査費助成事業実施要綱

(2)事業周知用パンフレット

 1 肝炎ウイルス精密検査費助成事業の流れ

 2 肝炎ウイルス精密検査費助成の御案内 

(3)「請求書」様式

  

 北海道 保健福祉部
  健康安全局 特定疾患グループ

 TEL011-231-4111(内線25-522)
 FAX011-232-2013

 

 

 

 

 

特定疾患グループのTOPへ戻る