◆この度の新型インフルエンザは季節性インフルエンザに変わりました。◆ 

 

平成21年4月に海外で発生した新型インフルエンザ(A/H1N1)は、
今シーズンになって、季節性インフルエンザと異なる大きな流行などの
特別の事情が確認されなかったので、
平成23年4月1日から通常の季節性インフルエンザとして取り扱うこととなり、
その名称は、「インフルエンザ(H1N1)2009」となりました。

 

今後は、その感染予防やまん延防止などの対策も、
通常の季節性インフルエンザ対策に移行することとなりました。

 

なお、今後とも、新型インフルエンザはいつ発生するか分かりませんので、
常にこれに備えておく必要があります。

  

道民の皆様におかれても、手洗いや咳エチケットなど
今後とも日常的な感染防止に取り組んでいただきますようお願いします。

 

●新型インフルエンザ対策の取り組み

  

北海道新型インフルエンザ等対策行動計画
◇北海道新型インフルエンザ対応検証報告書 【概要】  【全文】 

 

 

●新型インフルエンザ関連情報(リンク)

 

北海道立衛生研究所 北海道感染症情報センター 

 

厚生労働省(インフルエンザ対策) 

 

国立感染症研究所 感染症情報センター  

 

 

インフルエンザの予防(リンク)