スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2018年12月06日(木)

肝炎対策について

 北海道では、肝炎ウイルス検査の促進や肝疾患診療連携拠点病院などの診療体制の整備、
インターフェロン治療に対する医療費の助成など総合的な肝炎対策に取り組んでいます。

 ◎ 肝炎医療コーディネーター研修を開催します

 ※ この度の震災により、研修会の開催を延期しております。

  
 道では、肝炎に関する医療相談、ウイルス検査等さまざまな知識とスキルを持ち、
住民の一人でも多く、肝炎ウイルス検査を受け、
また、肝炎の患者さまが安心して医療を受けることができるようサポートするための
「肝炎医療コーディネーター」を養成します。

 ・日時  平成30年9月17日(月・祝)9:00~15:00

 変更日時:平成31年3月17日(日)9:00~15:00

 ・場所  北海道大学学術交流会館

 ・詳細及び申込先(←当該研修は、北海道大学病院に委託し実施しております。)

  ※ 申込み受付は終了しております。

 

◎ 肝炎ウイルス検査

 道立保健所では、感染者を早期に発見し、早期治療に結びつけるため、
 感染の可能性が疑われる方々を対象に、
 無料でB型及びC型肝炎ウイルス検査を行っています。

        「肝炎ウイルス検査の無料実施について」

         「リーフレット」

また、多くの市町村でも肝炎ウィルス検査を受けることができます。
 詳しくはお住まいの市町村にお問い合わせください。

 

 肝疾患診療連携体制

 ア 道では、肝炎治療の充実強化を図るため、
 肝疾患診療連携拠点病院を指定しています。(3医療機関)

  【肝炎情報センターのHPへ(外部リンク)】

 イ また、身近に肝疾患の治療を受けられるよう
 道内の各地域で専門医療機関を指定しています。

  【肝疾患に関する専門医療機関一覧】

   なお、専門医療機関の指定基準については、次のとおりです。
 指定については、北海道肝炎対策協議会の意見を踏まえて決定されます。

  〇 【指定基準】

  〇 【専門医療機関指定申請書】

   【専門医療機関辞退届】 

 

 ウイルス性肝炎進行防止対策

 道では、ウイルス性肝炎の治療等に係る医療費の助成を行っています。

  ウイルス性肝炎の医療費助成に関すること」

  「ウイルス性肝炎精密検査費助成事業に関すること」 

  「肝炎特別促進事業に係る制度改正について」(H22.3)  

 

 肝炎対策協議会

北海道におけるB型及びC型肝炎に関する対策の推進を図るため、
北海道肝炎対策協議会を設置しています。

              ・設置要綱    ・構成員名簿 

★平成29年度の会議について  → 終了しました。
    日時  平成30年2月22日(木)18:00~19:30
  場所  かでる2.7 10階 1040会議室
    札幌市北2条西7丁目 北海道立道民活動センター

  議事  (1)北海道医療計画(案)のウイルス性肝炎対策について


    (2)北海道ウイルス性肝炎対策実施要綱について

    (3)本道のウイルス性肝炎対策について

        (4)北海道肝炎医療コーディネーターの養成について

        (5)肝疾患に関する専門医療機関の指定意向調査について

        (6)その他について

 当会議は公開(一部非公開)しておりますので、傍聴することができます。
 傍聴については、傍聴要領のほか、次のとおりとします。
  ○定員は12名(先着順)とし、申込は「傍聴申込書」を提出願います。
  ○申込期間は2月1日(木)~14日(水)となります。

   (定員に満たない場合でも、当日の申込は不可。)
  ○申込は郵送又はFAXにより送付願います。
   〒060-8688札幌市中央区北3条西6丁目

   北海道保健福祉部健康安全局地域保健課 宛

   FAX:011-232-2013

  ○「(3)肝疾患に関する専門医療機関の指定意向調査について」は、

   非公開とします。     

 

        ・傍聴要領    ・傍聴申込書 

 

 その他

 (1)機能障害による身体障害者手帳の交付について

 (2)リンク
  
厚生労働省「新しい肝炎総合対策の推進」

   国立国際医療センター「肝炎情報センター」

   厚生労働省「集団予防接種等によるB型肝炎に係る給付金」

 

  ※ 肝臓週間・日本肝炎デー(7月28日)についてはこちらです

      ※ 関係機関の開催イベント