スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 地域保健課 >  肝臓週間・日本肝炎デー

北海道の分類: くらし・医療・福祉 > 健康・医療・衛生 > 感染症

最終更新日:2015年8月13日(木)

肝臓週間・日本肝炎デーについて

国では、肝臓週間を7月28日を含む週の月曜日から日曜日とし、
ウイルス肝炎をはじめ肝疾患の啓発活動を推進しております。
また、WHOが始めた「世界肝炎デー」と同日である7月28日を
「日本肝炎デー」
と定め、新たな感染予防のため、
普及啓発及び情報提供を推進しています。

道においても、この肝臓週間において、
各地域でポスターの掲示や啓発グッズの配布により、
特に肝炎ウイルス検査の受検観奨を行っております。

日本では、年間約4万人が肝臓病で亡くなっておりこのうち約3万5千人は、
肝がんにより死亡
しております。

現在、慢性肝炎ウイルス感染者(B型肝炎、C型肝炎)は、
300~370万人いると推測
されておりますが、
肝炎ウイルスに感染していても、
検査をできるだけ早く受けて感染を知り、医療機関で適切な治療を受けることで、
肝硬変や肝がんといった深刻な症状に進行するのを防ぐことができます。

肝炎ウイルス検査を希望される方は、最寄りの保健所に問合せください。

     → 肝炎ウイルス検査についてはこちら


また、ウイルス肝炎研究財団では、平成27年8月1日(土)、旭川市において、
「みんなで肝がんを予防・治療」をテーマに、
ウイルス性肝炎に関するパネルディスカッションを行います。終了しました。

     → 行事の詳細についてはこちら
       (問合先:03-5689-8202)