スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 地域保健課 >  海外での感染症への感染予防について


最終更新日:2019年4月19日(金)


海外旅行での感染症予防について



 これから海外への渡航を予定されている皆様は、海外で感染症にかからないようにするために、感染症に対する正しい知識と予防に関する方法を身につけましょう。

 

《海外での感染症予防のポイント》 

  ・渡航先や行動によって異なりますが、最も可能性が高いのは、水や食べ物を介した消化器
  系の感染症です。

  ・動物マダニ等が媒介し、日本では発生のない病気が、海外では流行していることがあ
  ります。

 ・世界保健機構(WHO)が排除又は根絶を目指している麻しん(はしか)、風しん及び
     ポリオは、日本での患者は減少傾向又は発生していないものの、海外では感染すること
  があり、注意が必要です。

 

 「出発前に確認しておきたいこと」、「旅行中に注意すべきこと」、「帰国時・帰宅後に体調が悪くなった場合」、「海外で注意すべき代表的な感染症、主な発生地域」などについては、以下の厚生労働省のホームページでご確認ください。

 ● 海外へ渡航される皆さまへ!