スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 地域保健課 >  H29北海道がん対策推進委員会事業者公募

北海道の分類: くらし・医療・福祉 > 健康・医療・衛生 > 健康づくり

最終更新日:2017年2月10日(金)

 

北海道がん対策推進委員会事業者公募


北海道がん対策推進委員会事業者公募のお知らせ

※ 募集は終了しました(H29.2.10)

  道では、がん対策を総合的に推進するため、平成24年3月に「北海道がん対策推進条例」(以下、「条例」という。)を制定し、知事の附属機関として「北海道がん対策推進委員会」(以下、「委員会」という。)を設置しています。この委員会は、「北海道がん対策推進計画」の策定又は変更や知事の諮問に応じて、がん対策の推進に関する重要事項について調査審議するほか、がん対策の推進に関し知事に意見を述べることを所掌事項としています。
 この度、委員を推薦いただく事業者を公募します。

◆応募要領  (PDF形式:56KB) 

 

◆提出書類

   フェイスシート  (PDF形式:51KB) 

              (Excel形式:19KB)

  

記     

1 応募資格
  
委員に応募しようとする方は、次の条件を満たすことが必要です。
 委員に応募しようとする事業者の方は、次の条件を満たすことが必要です。
(1)道内に本社(本部)又は事業所(支部)等を有する企業、法人又は特定非営利活動促進法に基づく特定非営利活動法人であること。
(2)条例第7条各項に定める事業者の責務の遂行に努めていること。
(3)がん対策について幅広い見識と関心を有し、北海道がん対策推進委員会に出席が可能な者を1名推薦できること。

 (参考)条例第7条

(事業者の責務)
第7条 事業者は、基本理念にのっとり、従業員ががんを予防を予防し、又は早期に発見することができるよう必要な雇用環境の整備に努めるものとする。
2 事業者は、基本理念にのっとり、従業員又はその家族ががん患者となった場合に、当該従業員が勤務を継続しながら、治療を受け、若しくは療養し、又はその家族を看護し、若しくは介護することができるよう必要な雇用環境の整備に努めるものとする。
3 事業者は、基本理念にのっとり、その管理する施設の利用者について受動喫煙(室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう。)の防止に努めるとともに、道が実施するがん対策に協力するものとする。

※条例全文については、こちらをご参照ください。

2 公募事業者
  1者

3 委員の任期
  任命の日から2年間

4 委員の仕事
  選ばれた委員には、道で選任するがん患者等及びがん経験者の方々や学識経験者等の委員とともに、北海道のがん対策の推進に関する重要事項について、調査審議等をしていただきます。

5 報酬等
  委員会に出席した場合は、道の規定に基づき、報酬及び旅費をお支払いいたします。

6 応募方法
(1) 道で定めたフェイスシートに必要事項を記入の上、提出してください。
    応募用紙については、ホームページからのダウンロード、または道庁保健福祉部健康安全局地域保健課、各総合振興局(振興局)保健行政室(地域保健室)企画総務課及び各市町村にお問い合わせください。
(2) 応募期限及び提出方法
     平成29年2月10日(金)(当日消印有効、持参の場合は17時30分必着)までに北海道保健福祉部健康安全局地域保健課あてに郵送、メール又は持参してください。

7 選考について
  選考委員会において、フェイスシートの記載内容により総合的に選考いたします。
  なお、選考結果は2月下旬以降に応募者全員にお知らせします。

8 応募先・問い合わせ先
  北海道保健福祉部健康安全局地域保健課がん対策グループ
     〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
  電 話 011-231-4111(内線:25-526) 
      FAX 011-232-2013
  e-mail : hofuku.kenkou@pref.hokkaido.lg.jp