スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 地域保健課 >  デング熱について


最終更新日:2015年1月28日(水)


デング熱について


  デング熱について  

       

 平成26年8月26日以降、デング熱国内感染事例が複数確認されています。

 デング熱に感染した場合、一般に一週間程度で回復すると言われています。

 過度な心配は必要ありませんが、次のとおり予防しましょう。

   国内でデング熱を媒介する可能性があるヒトスジシマカの生息は、北海道では確認されていませんが、 蚊に刺されて発熱等の症状がある場合は、かかりつけの医療機関などを受診しましょう。

 【デング熱とは】

感染経路 

ウイルスに感染した患者を蚊が吸血すると、蚊の体内でウイルスが増殖し、

その蚊が他者を吸血することでウイルスが感染する。(蚊媒介性)

ヒトからヒトに直接感染することはない。 

 潜伏期 蚊に刺されてから2~15日(多くは3~7日) 
 症状

急性熱性感染症。

発熱、頭痛、筋肉痛や皮膚の発疹などが主な症状。

体内からウイルスが消失すると症状が消失する、予後は比較的良好な感染症。

希に、患者の一部に出血症状を発症することがある。

 【予防方法は?】 

 デング熱に有効なワクチンはありません。

 国内では、ヒトスジシマカ(主に日中で屋外で吸血する)がデング熱を媒介する可能性があります。

 以下のことに留意し、蚊との接触を避け、刺されないようにしましょう。

 〇屋外の作業では長袖、長ズボンを着用し、肌の露出を避けましょう。

 〇虫よけ剤を使用しましょう。

 〇室内の蚊を駆除しましょう。

 〇蚊幼虫の発生源を作らないように注意しましょう。(蚊の幼虫は水辺に発生します。雨水マス、植木鉢やプランターの水の受け皿、古タイヤなどが発生源となります。)

 

 リンク

厚生労働省ホームページ

● デング熱について

● デング熱に関するQ&A

● FORTH(厚生労働省検疫所)