スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 地域保健課 >  慢性腎臓病の普及啓発について


最終更新日:2017年5月10日(水)

慢性腎臓病の普及啓発について

 

 糖尿病が原因となって慢性腎臓病を発症する方の割合は約50%となっています

 慢性腎臓病になると、透析が必要になったり、脳卒中や心筋梗塞などを併発する可能性があるなど、生活の質に大きな影響があることから、北海道では、病気の正しい知識を啓発していく取組として、以下のような取組を行っています。


○世界腎臓デー啓発パネル展   

 時間:平成29年3月9日(木)10:00~16:00

 場所: 白石区複合庁舎地下2階 まちづくりイベント広場(地下鉄白石駅6番出口直結)

 内容:毎年3月第二木曜日は「世界腎臓デー」です。

       「世界腎臓デー」にあわせて糖尿病や慢性腎臓病に関するパネル展を開催します。

        パネル展ではグッズなども配付しますので、ふるって御参加ください。

    ※腎臓専門医による個別相談(13:00~15:00)も開催します。

     上記の時間以外でも、患者や保健師による対応は可能です。

       チラシはこちら

○市民公開シンポジウム(道後援事業) 終了しました

 時間:平成28年11月20日(日) 14:00~16:30
                  (受付・会場は13時から)

 場所:KKRホテル札幌【3階 鳳凰】(札幌市中央区北4条西5丁目)

 内容:こちらのチラシをご確認ください。

 主催:北海道腎臓病患者連絡協議会・札幌腎臓病患者友の会・大日本住友製薬株式会社




○市民講演会    終了しました 

 時間:平成28年11月9日(水) 14:00~16:00

 場所:はぼろ温泉サンセットプラザ(苫前郡羽幌町北3条1丁目29)

 内容:糖尿病と慢性腎臓病の専門医から病気の予防に関するお話しが聞けるほか、血糖値の自己測定などが体験できるコーナーも準備しています。

 

 チラシは こちら

 

 ※平成27年度開催風景

a 

 


 

 ○  このページに関するお問い合わせ先は・・・・・・・・・・

    〒060-8588

    札幌市中央区北3条西6丁目

    北海道保健福祉部健康安全局地域保健課がん対策グループ

     電話 011-231-4111  (内線25-527)

     FAX  011-232-2013