スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 地域保健課 >  24_三次喫煙


最終更新日:2020年12月24日(木)

三次喫煙(サードハンドスモーク)

 喫煙者からの副流煙や吐き出す煙による直接的な受動喫煙(二次喫煙)による悪影響のほか、衣類や室内に付着した煙の成分から生じる残留たばこ煙、いわゆる「サードハンドスモーク」(三次喫煙)による健康への影響についても、厚生労働省の検討会等のほか、関係団体のホームページで情報提供が行われるなど、近年、社会的な問題となってきています。
 このため、受動喫煙により生じるサードハンドスモークに関する情報についても、受動喫煙の防止と合わせ、道民の皆様に幅広くお知らせしていきます。

厚生労働省の検討会

 第2回職場の受動喫煙防止対策に係る技術的留意事項に関する専門家検討会
 平成27年1月7日(水)開催、受動喫煙防止対策の現状と課題(参考人発表資料)

厚生労働省の健康情報サイト

 厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト
 「e-ヘルスネット」         

その他の情報

 独立行政法人 環境再生保全機構 
 見えない「サードハンド・スモーク」に注意