スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健福祉部 > 地域保健課 >  管理栄養士・栄養士の仕事


最終更新日:2018年11月12日(月)

             管理栄養士・栄養士の仕事について

管理栄養士・栄養士の仕事は?

 

栄養士と管理栄養士は、個人または集団に対して「食事や栄養の指導」や献立作成、食材の発注、         

栄養素の計算など「食事の管理」をする仕事です。

管理栄養士は厚生労働大臣の免許を受けた国家資格、栄養士は都道府県知事の免許を受けた国家資格で、

2つの資格は、名前は似ていますが業務内容が少し異なります。  

■ 管理栄養士

 栄養指導のための企画や傷病者に対する療養のために必要な栄養の指導、大規模給食施設における

管理業務や労務管理。

栄養士

 栄養学に基づいて、栄養バランスの取れたメニュー(献立)の作成や調理方法の改善等、栄養面から

健康な食生活のアドバイザー。   

     

管理栄養士・栄養士になるには?


■ 管理栄養士になるには?

  「栄養士の資格を所持していること」が前提となり、修業年限が4年である管理栄養士養成施設を卒業、

または、栄養士養成施設を卒業して、所定の実務経験(1~3年を積んだのち)「管理栄養士国家試験」に

合格することが必要です。  

■ 栄養士になるには?

    栄養士として働くためには、「栄養士」の資格を取得する必要があります。  栄養士の資格は、厚生労働

大臣が指定した大学や短大、専門学校の栄養士養成課程を修了し、卒業することで得られます。

これらの学校を卒業すれば、都道府県知事から免許証が交付されます。

 栄養士養成課程は昼間の学校のみで、夜間コースや通信課程はありません。

 → 道内の管理栄養士・栄養士養成校一覧 














北海道保健福祉部健康安全局地域保健課健康づくりグループ
電話番号:011-231-4111(内線25-515)
FAX番号:011-232-2013